リピト・エンリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リピト・エンリル
Lipit-Enlil
イシン
在位 紀元前1810年 - 紀元前1806年

継承者 イルラ・イミッティ
王朝 イシン第1王朝
父親 ブール・シーン
テンプレートを表示

リピト・エンリルdli-pí-it den.lílLipit-Enlil)は、古代メソポタミアの都市国家・イシン第1王朝の王。

シュメール王名表[i 1]とウル・イシン王名表[i 2]との名と治世が一致するところにより、在位期間は低年代説英語版によると紀元前1810年から紀元前1806年、中年代説によると紀元前1873年から紀元前1869年。5年間統治していた。ブール・シーンの子[1]

略歴[編集]

リピト・エンリルについての碑文は知られていない[2]。リピト・エンリルの短い治世は相対的に安定した時代に終わりを告げ、リピト・エンリルはイルラ・イミッティの後継者となったが、シュメール王名表では省略されているため、リピト・エンリルの親族に関しては不明である。リピト・エンリルと彼の後継者の両方とも、王の賛美歌や奉納の祈りがないが、その理由をウィリアム・ハロ英語版ラルサとの紛争が始まったためではないかと推測している[3]

ニップルニヌルタé-šu-me-ša4の寺院のアーカイブは、イシン(1810年)のリピト・エンリルの1年からリム・シン1世(1730年)の28年まで、75年以上にわたって拡張され、それらがパルティア時代にイナンナの寺院のための埋立てとして使用されたときに損傷した。420枚の断片は、利用可能な富の多くを吸収して繁栄した寺院経済を示している[4]。リピト・エンリルが即位した年に続く年号は全て、エンリルの神殿への贈り物を記念している。

脚注[編集]

  1. ^ The Sumerian King List Ash. 1923.444, the Wend-Blundell prism.
  2. ^ MS 1686, the Ur-Isin king list.

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jöran Friberg (2007). A Remarkable Collection of Babylonian Mathematical Texts: Manuscripts in the Schøyen Collection: Cuneiform Texts. Springer. pp. 231–234 
  2. ^ Douglas Frayne (1990). Old Babylonian Period (2003-1595 B.C.): Early Periods, Volume 4. University of Toronto Press. p. 75 
  3. ^ William W Hallo (2009). The World's Oldest Literature: Studies in Sumerian Belles Lettres. Brill. pp. 185–186 
  4. ^ William W Hallo (1979). “God, king and man at Yale”. State and Temple Economy in the Ancient Near East, Volume I. Peeters Publishers. p. 104