リネット・ウッダード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
女子 バスケットボール
オリンピック
1984 ロサンゼルス バスケットボール
世界選手権
1983 サンパウロ 団体
1990 クアラルンプール 団体

リネット・ウッダードLynette Woodard1959年8月12日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州ウィチタ出身の元女子バスケットボール選手である。

経歴[編集]

高校時代は62試合で1678得点、1030リバウンドをあげた[1]

カンザス大学で1978年から1981年まで4年間プレーし、オールアメリカに4度選出される活躍を見せた[1]。卒業時にはアメリカの大学の女性としては歴代トップの3649得点(平均26.2得点)をあげた。彼女の在学当時は、3ポイントシュートが導入されておらず、6フィートとそれほど身長の高くなかった彼女はそれまでのビッグ8カンファレンスのどの選手よりも400点以上多い得点をあげた[1]。また、カンファレンス記録となる1716リバウンドをあげている[1]

1984年のロサンゼルスオリンピックにキャプテンとして出場し、金メダルを獲得した[1]

1985年、ハーレム・グローブトロッターズに女性として初めて入団した[1]

その後イタリアのチームを経て、1990年に日本リーグ2部の大和証券に入団。1993年までプレーした。

1996年の匿名による得票ではビッグ8カンファレンスの歴代最高女性バスケットボール選手に選ばれた[1]

1997年にWNBAがスタートすると、クリーブランド・ロッカーズに入団。その後エクスパンション・ドラフトでデトロイト・ショックに移籍。WNBAオフシーズンは大和証券時代の経験を活かしニューヨーク株式仲買人として活動していた。

1999年引退。母校のカンザス大学にアシスタントコーチとして復帰、2004年には暫定ヘッドコーチも務めた[2]

2004年http://www.nikesb.jp にはバスケットボール殿堂、2005年には女子バスケットボール殿堂入りを果たす。

ナショナルチーム[編集]

米国代表として1983年、ブラジルサンパウロで行われた女子バスケットボール世界選手権に出場、グループリーグでソ連に1点差で敗れ、決勝のソ連戦でも残り1秒に決勝シュートを決められて、2点差で敗れて銀メダルとなった。

1984年のロス五輪では、金メダルを獲得した。同年オリンピック前に台湾台北で行われたウィリアム・ジョーンズカップにも出場し、優勝した[3]

1990年にマレーシアクアラルンプールで行われた女子バスケットボール世界選手権では平均6.3得点をあげてチームは金メダルを獲得した。

1991年パンアメリカン競技大会では4勝2敗で銅メダルを獲得した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g Woodard, Lynette Inducted 1990”. カンザススポーツ殿堂. 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ PRO BASKETBALL; Reflecting on Days Before the W.N.B.A.”. ニューヨーク・タイムズ (2006年7月12日). 2015年6月7日閲覧。
  3. ^ 1984 WOMEN'S R. WILLIAM JONES CUP”. USAバスケットボール. 2015年6月7日閲覧。

関連項目[編集]