リッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リッセ
基礎自治体
メインストリート
メインストリート
リッセの旗
リッセの紋章
紋章
Location of リッセ
北緯52度15分 東経4度33分 / 北緯52.25度 東経4.55度 / 52.25; 4.55座標: 北緯52度15分 東経4度33分 / 北緯52.25度 東経4.55度 / 52.25; 4.55
オランダ
南ホラント州
面積
(2006)
 • 合計 16.11km2
 • 陸地 15.70km2
 • 水面 0.41km2
人口
(2007年1月1日)
 • 合計 21,981人
 • 密度 1,400/km2
  出典:中央統計局 Statline.
等時帯 UTC+1 (中央ヨーロッパ時間)
 • 夏時間 UTC+2 (中央ヨーロッパ夏時間)
ウェブサイト www.lisse.nl
町内の風車

Nl-Lisse.ogg リッセ[ヘルプ/ファイル]オランダ語: Lisse)は、オランダ南ホラント州にある町、ヘメーンテ(基礎自治体)。総面積16.11平方キロ、そのうち0.41平方キロが水域である。人口は2万1864人(2006年11月1日、中央統計局調べ)。

歴史[編集]

リッセの歴史は、近隣のヒレホムやサッセンハイムの町々と密接に連関している。町名が正式に記されている1198年の文献に基づいて、1998年には800年祭が祝われたが、すでに10世紀には村があったことを示す証拠がある。

中世を通じて、リッセは小さな村に留まった。人口は1500年になっても50世帯ほどしかなかった。農業や牧畜、泥炭の採掘で生計を立てていた人々は、長引く戦乱(特にシャルル突進公をめぐる諸戦争と八十年戦争)で貧困にあえいだ。

17世紀から18世紀にかけて、リッセはヒレホムと同様、多くの大商人や貴族の所領に分かれた。彼らは土地を森や庭園にし、町は美しく生まれ変わった。その後、それらの土地では球根植物が栽培されるようになった。リッセ周辺の砂質の土壌は、球根栽培にかなり向いていた。砂丘はならされ、森は伐採されて、少しずつ栽培地が拡大していった。花き栽培は、この地域に雇用と豊かさをもたらした。

20世紀に入ると、急速に成長し続ける球根花産業を背景にオークションや取引市場、大規模農園、農業組合などが生まれた。今日、リッセの球根花は世界百か国以上に輸出されている。

ホラントで花きの生産がさかんな「砂丘と球根の地方」の中央に位置するリッセは、大きな観光地でもある。色とりどりの花々が一面を染める春には、国内外から数十万人がこの地域に訪れる。皮肉なことに、かつての所領で唯一、農地への転換を免れた地所(キューケンホフ)は現在、花が咲き乱れる公園として世界的に有名である。

観光[編集]

最も人気のある名所は、チューリップが開花する春にだけ公開されるキューケンホフ公園である。春にはまた、メインストリートでブルメンコルソというフラワーパレード(花でできた巨大な山車が行進する)も行われる。8月には、キューケンホフ城庭園で幻想的なカストレフェスト(お城まつり)が開かれる。

その他の名所

  • ホイス・デフェール - 14世紀の城の塔(のちに修復)
  • キューケンホフ城 - こちらは通年公開
  • 黒いチューリップの博物館 - オランダにおける球根栽培の発展の歴史を紹介

スポーツ[編集]

トップクラッセに所属するサッカークラブのFCリッセの本拠地である。2007/2008シーズンの戦績の結果、2008年5月3日にフーフトクラッセから降格した。

出身有名人[編集]

  • ヨーゼフ・スミット(1836年 - 1929年) 動物画家
  • ヤーコプ・フェルトホイゼン・ファン・ザンテン(1927年 - 1977年) KLMのパイロット
  • アドリアヌス・ヨハネス・シモニス(1931年 - ) ユトレヒト大司教
  • イェニー・アレアン(1942年 - ) 歌手、女優、コメディアン
  • ハンス・クルス(1965年 - ) 競泳選手
  • バスティアーン・ラガス(1971年 - ) 俳優、歌手
リッセの街角

外部リンク[編集]

  • 町公式サイト (オランダ語) (ドイツ語) (英語) (フランス語)
  • キューケンホフ公園公式サイト (オランダ語) (英語) (フランス語) (ドイツ語) (日本語) (中国語) (スペイン語) (イタリア語) (ロシア語) (ポルトガル語)