リッキー・ブルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リッキー・ブルーフ Portal:陸上競技
Ricky Bruch 1972.jpg
選手情報
フルネーム Björn Rickard Bruch
国籍  スウェーデン
種目 円盤投
生年月日 (1946-07-02) 1946年7月2日
没年月日 (2011-05-30) 2011年5月30日(64歳没)
身長 199cm
体重 135kg
自己ベスト 円盤投 : 71m26 (1984年)
 
獲得メダル
 スウェーデン
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子円盤投
ヨーロッパ陸上選手権
1969 アテネ 男子 円盤投
1974 ローマ 男子 円盤投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リッキー・ブルーフ(Ricky Bruch、Björn Rickard "Ricky" Bruch、1946年7月2日 - 2011年5月30日)は、スウェーデンの陸上競技選手。1960年代から1980年代にかけて活躍した円盤投の選手で、1972年ミュンヘンオリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

ブルーフは身長199cm、体重135kgのヴァイキングを思わせる風貌で、スウェーデン南部のスコーネ地方で育った。

ブルーフが陸上選手として頭角を現し始めたのは1960年代中盤で、当時は砲丸投をメイン種目としていた。後に円盤投に種目を替え、1968年にはメキシコシティーオリンピックに出場。59m28で初めてのオリンピックは8位に終わった。

1969年にはヨーロッパ選手権で2位となると、同年にはアメリカジェイ・シルベスターの世界記録に迫る68m04のヨーロッパ記録を樹立。世界の強豪の仲間入りを果たしていく。1970年に入ると、シルベスターとともに70mの大台を目指して激しい攻防が繰り広げられた。2人とも何度か70mを超えるスローを行ったが、風の影響や、円盤の重量の違反などでいずれも公認されることはなかった。

ブルーフは、1972年にストックホルムの試合で、シルベスターの世界記録に並ぶ68m40を出す。しかし、同年のミュンヘンオリンピックでは、チェコスロバキアルドビク・ダネク、シルベスターに次いで銅メダルにとどまった。

ブルーフは、その後伸び悩み、1974年のヨーロッパ選手権で3位となった以降は目立った成績を残さなくなる。1976年モントリオールオリンピックには出場したものの、決勝に残ることなく敗れている。

ブルーフは、1970年代後半から競技を一旦中断したものの、1984年に38歳になりカムバックを果たす。1984年の9月から11月にかけて70m48、71m00、71m26と立て続けに70m台を記録。かつて何度も挑んだ70m台をクリアした。しかしすでにこのときの世界記録は71m86まで更新されていた。しかし、翌年、ブルーフはチームメートとのいざこざにより競技から引退することとなった。

ブルーフの71m26の記録は2008年現在でも世界歴代10位以内に入る記録であり、スウェーデン記録である。

2011年5月30日、膵臓癌のため死去[1]。64歳没。

自己ベスト[編集]

  • 砲丸投 - 20m08 (1973年)
  • 円盤投 - 71m26 (1984年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1968 オリンピック メキシコシティメキシコ 円盤投 8位 59m28
1969 ヨーロッパ陸上選手権 アテネギリシャ 円盤投 2位 61m08
1971 ヨーロッパ室内陸上選手権 ソフィアブルガリア 砲丸投 3位 19m50
1972 オリンピック ミュンヘン西ドイツ 円盤投 3位 63m40
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマイタリア 円盤投 3位 62m00

脚註[編集]

  1. ^ Ruotsalainen yleisurheilulegenda kuoli Ilta-Sanomat 2011-5-30

外部リンク[編集]