リチャード・グリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リチャード・グリーン
Richard Greene
Richard Greene
1938年撮影
本名 Richard Marius Joseph Greene
生年月日 (1918-08-25) 1918年8月25日
没年月日 (1985-06-01) 1985年6月1日(66歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランド デヴォン州プリマス
死没地 イングランドの旗 イングランド ノーフォーク
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1934年 - 1982年
配偶者 パトリシア・メディナ (1941 - 1951)
ビートリッツ・サマーズ (1960 - 1980)
主な作品
四人の復讐1938年
テンプルちゃんの小公女1939年
テンプレートを表示

リチャード・グリーンRichard Marius Joseph Greene1918年8月25日 - 1985年6月1日)は、イングランド出身の俳優

イギリスでは1950年代に放送された人気テレビシリーズ『ロビン・フッドの冒険(The Adventures of Robin Hood)』の主演俳優として知られる[1]

略歴[編集]

1918年(1914年生まれとの資料もある)、代々続く俳優一家に生まれる。両親ともに俳優[2]アイルランド系スコットランド系の流れを引く。

1933年シェイクスピアの舞台『ジュリアス・シーザー』で俳優としてのキャリアをスタートさせる。また、恵まれた容姿を活かし、シャツや帽子のモデルとして生活の糧を得る。1936年劇作家テレンス・ラティガンの戯曲『涙なしのフランス語(French Without Tears)』の初演に出演。この作品でアレクサンダー・コルダダリル・F・ザナックに見出され、20世紀フォックスが当時のMGMのスター、ロバート・テイラーに対抗するスター候補として契約。

1938年ジョン・フォード監督の『四人の復讐』の主演に大抜擢され、ハリウッドデビュー。この映画の成功により多くの女性ファンを獲得し、アイドルスター (matinee idol) として絶大な人気を博す。

第二次世界大戦に従軍した後に復帰するが低迷する。しかし1955年から放送されたイギリスのテレビシリーズ『ロビン・フッドの冒険(The Adventures of Robin Hood)』に主演し、人気を取り戻す。その後はテレビドラマを中心に活躍する。

1982年脳腫瘍のために起きた転倒事故で大怪我をし、脳の手術を受けるが完治しなかった。1985年心筋梗塞で死去。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Richard Greene movies, photos, movie reviews, filmography, and biography” (英語). AllMovie. 2014年3月7日閲覧。
  2. ^ Charles Kidd (1986). Debrett Goes to Hollyhood. New York: St. Martin's Press. p. 129. ISBN 9780312005887. 

外部リンク[編集]