リチェルカーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リチェルカーレ (ricercare) はルネサンス音楽や初期バロック音楽における器楽曲様式の1つ。「リチェルカーレ ricercare」は「探求」を意味するイタリア語で、英語の research と語源を一にする。この名称は15世紀にはすでに用いられているが、これは前奏曲的な機能を示しており、後に続く楽曲の旋法調を「探し求める」ことに由来する。

形式[編集]

リチェルカーレと称される楽曲には主に二つのタイプがあり、一つにはホモフォニックなスタイルで書かれた即興的なもので、トッカータに近いものである。 もう一方では模倣的な楽曲で、フーガと同様いくつかの声部からなり、曲の冒頭で一つの声部に示された主題が次々と他の声部に模倣される。ただし傾向として、ファンタジアカンツォーナに比べると段落が少なく、拍子が途中から変わることはあまり無い。1つの主題を持つものが多いが、2-3の主題を用いるものもしばしば見られる。時として主題は曲の途中から変形・装飾される。

主な作曲家[編集]