リスボン軍用飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リスボン軍用飛行場
Aeródromo Militar de Lisboa
IATA: ? - ICAO: LPAR
概要
国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル
所在地 リスボン県
種類 軍用
運営者 ポルトガル空軍
標高 3 m (11 ft)
座標 北緯38度52分59秒 西経009度01分48秒 / 北緯38.88306度 西経9.03000度 / 38.88306; -9.03000座標: 北緯38度52分59秒 西経009度01分48秒 / 北緯38.88306度 西経9.03000度 / 38.88306; -9.03000
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04/22 NO 2,990×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

リスボン軍用飛行場ポルトガル語Aeródromo Militar de Lisboa)または、第1交通飛行場Aeródromo de Trânsito Nº1AT1)は、ポルトガルリスボン県リスボン郊外にあるポルトガル空軍の飛行場。最寄にはリスボン郊外鉄道pt:CP Urbanos de Lisboaシントラ線pt:Linha de Sintraアルベルカ駅pt:Estação Ferroviária de Alverca)が西側にある。

歴史[編集]

リスボン軍用飛行場は第二次世界大戦中の1944年5月1日に開設し、首都防空を担う独立戦闘飛行隊が配備された。他に海軍航空隊B飛行隊が配備され対潜哨戒に従事した。

1955年に空軍の創設に伴い航空輸送任務に対応した第1基地飛行場となる。1978年10月1日には第1交通飛行場に改称され、ポルトガル軍における航空輸送の拠点として活用される。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]