リカード・ボサノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リカード・ボサノヴァ は、ポルトガル語Recado, 英語Recado Bossa Nova または、The Gift で、ブラジルのジャルマ・フェヘイラ(Djalma Ferreira)が1959年に作曲したボサノヴァの曲で、ジャズのスタンダードナンバーとしても有名である。

概要[編集]

原題は、『Recado』 で、ポルトガル語で「贈り物」または「伝言」。ブラジルの発音とすれば、「リカード」となるが、「レカード」としている録音もあるので注意が必要。ポルトガル語の原詞は、ルイス・アントニオ (Luiz Antônio) によって作られる。

英語の題は、『Recado Bossa Nova』または、『The Gift』で、ジャズのスタンダード・ナンバーとしてもよく演奏される。1965年ごろに、ジャズの曲として流行りだし[1]、世界中の聴衆から認知されるにいたっている。英語詞はポール・フランシス・ウェブスター (Paul Francis Webster)が作詞した。女性歌手のイーディ・ゴーメの録音には人気があり、1980年代にTVコマーシャルでも使用された。

日本でも、ジャズのライブでよく演奏される。

YouTubeにも、いくつかアップロードされている[2][3][4][5]

カヴァーしたアーティスト[編集]

脚注[編集]