ズート・シムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズート・シムズ (Zoot Sims)
ニューヨーク市52番街ジャズ・フェアー(1976年7月6日)にて
ニューヨーク市52番街ジャズ・フェアー(1976年7月6日)にて
基本情報
出生名 John Haley Sims
出生 1925年10月29日
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州 イングルウッド
死没 1985年3月23日(59歳)
ジャンル ジャズ
職業 サクソフォン
担当楽器 テナー・サクソフォンソプラノ・サクソフォンアルト・サクソフォン
共同作業者 ウディ・ハーマンアル・コーンスタン・ケントンバディ・リッチジェリー・マリガンオスカー・ピーターソンジャック・ケルアックボブ・ブルックマイヤーカウント・ベイシーアート・ペッパージム・ホールアニー・ロス

{{{Influences}}}

ズート・シムズZoot Sims, 1925年10月29日1985年3月23日 ニューヨーク・シティ)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォン奏者。主にテナーサクソフォンとソプラノサクソフォンを吹いた[1]。本名はジョン・ヘイリー・シムズ(John Haley Sims)といい、ズートは渾名である。この渾名は、カリフォルニアでケニー・ベイカー楽団に在籍中に付けられたものである。シムズにちなんで、あるテレビ番組のキャラクターにも「ズート」の名が取り入れられた。

略歴[編集]

カリフォルニア州イングルウッドに生まれる。ヴォードヴィル芸人の家庭に生まれ、タップダンサーだった父親から、さまざまなステップを仕込まれる。後に当時を回想して父親の指導を自慢した。また、少年時代にドラムスクラリネットの演奏を習い覚えた。

レスター・ヤングの足跡を追ってサクソフォン奏者となり、生涯を通じてベニー・グッドマンアーティ・ショウスタン・ケントンバディ・リッチらの著名なビッグ・バンドと共演し、テナーサクソフォン演奏の改革を繰り広げた。また、第2期ウディ・ハーマン楽団の「フォア・ブラザーズ」の一人に数えられ、ジャズ・ミュージシャンの間ではスウィング様式による最強のサクソフォン奏者として知られた。シムズはしばしば自身のコンボを結成し、また時にはジェリー・マリガン・セクステットや後にはマリガン・コンサート・ジャズ・バンドと演奏旅行を行なった。

1950年代1960年代には、アル・コーンと共同で長期にわたってクィンテットのリーダーを務め、「アルとズート」名義で録音を行なった。このクィンテットはニューヨークのクラブ「ザ・ハーフ・ノート」が贔屓にした。ズートはいつでもテナーサックスの高い音域を好んでおり、それでアルトサックスや、後年(ノーマン・グランツのパブロ・レーベルに一連のアルバムを録音していた時期)になると、ソプラノサックスを好んで吹くようになる。また、ジャック・ケルアックのいくつかの録音にも参加した。

註釈[編集]

  1. ^ allaboutjazz

外部リンク[編集]