ラーマチャンドラ・パント・アマーティヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Ramchandrapant Amatya Statue at Maisaheb Bavdekar School, Kolhapur
ラーマチャンドラ・パント・アマーティヤ

ラーマチャンドラ・パント・アマーティヤマラーティー語:रामचंद्रपंत अमात्य, Ramachandra Pant Amatya, 1650年頃 - 1716年)は、インドデカン地方マラーター王国の政治家。財務大臣(アマーティヤ)であり宰相(ペーシュワー)でもあった。

生涯[編集]

1650年頃、ラーマチャンドラ・パントはバラモンの家系に生まれた。

1672年以降、マラーターの指導者シヴァージーに仕え、1674年マラーター王国が建国されると、財務大臣(アマーティヤ)に任命された[1]

1689年、マラーター王サンバージームガル帝国の皇帝アウラングゼーブ殺害されると、新たにマラーター王となったラージャーラームシェンジ(ジンジー)に逃げ、その地を王都とした[2]。だが、シャンカラージー・ナーラーヤン・サチーヴはラーマチャンドラ・パントとともにマハーラーシュトラに残り、西ガート山中の城を拠点に残された領土の行政にあたった[3]

また、サンバージーとともに宰相も殺害されたため、同年にラーマチャンドラ・パントは宰相(ペーシュワー)に任命され、1708年に退任するまでその地位にあった。

1716年、ラーマチャンドラ・パントは死亡した。

脚注[編集]

  1. ^ Shivaji, the great Maratha, Volume 2, H. S. Sardesai, Genesis Publishing Pvt Ltd, 2002, ISBN 81-7755-286-4, ISBN 978-81-7755-286-7
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.211
  3. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.211

参考文献[編集]

  • 小谷汪之編『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』山川出版社、2007年

関連項目[編集]