ラーボエ海軍記念碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラーボエ海軍記念碑
Marine - Ehrenmal Laboe.jpg
世界大戦中に戦死した全ての国籍の水夫を追悼
完成 1936年
所在地 ドイツラーボエ英語版近く

ラーボエ海軍記念碑 (-かいぐんきねんひ、ドイツ語: Marine-Ehrenmal Laboe) は、ドイツシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州キールに近いラーボエ英語版に位置する記念碑である。1927年に着工し、1936年に完成した記念碑は、もともと第一次世界大戦中にドイツ帝国海軍で戦死した犠牲者を追悼していたが、1945年には、第二次世界大戦ドイツ海軍の戦死者も加えられた。1954年には、世界大戦中に戦死した全ての国籍の水夫のために、再び捧げられた。

記念碑は、頂上に展望台のある高さ72メートルのタワーから構成される。展望台は、海抜85mにある。記念ホールと、技術博物館を収用する第二次世界大戦時代のU995は、記念碑の近くにある。また、この地域は人気の観光地となっている。U995は、世界で唯一の現存するUボートVII型である。

タワーは建築家のグスタフ・オーガスト・マンザー英語版によって設計された[1]。彼は、この形が何かを象徴しているわけではないが、これを見る人が明確な感情を持ってくれることが目的だと述べている。これは、頻繁にヴァイキング船の船首や潜水艦の司令塔に連想される。

イタリアブリンディジイタリア人水夫記念碑イタリア語版(1932年に着工し、1933年に捧げられた)は、ラーボエのタワーに似ている。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ Munzer, Prof. Gustav August (1887–1973), Architekt und Schöpfer des Marine-Ehrenmals in Laboe”. 2011年11月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月13日閲覧。 (ドイツ語)

外部リンク[編集]

座標: 北緯54度24分43.87秒 東経10度13分50.87秒 / 北緯54.4121861度 東経10.2307972度 / 54.4121861; 10.2307972