ラーバ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーバ川 / ラープ川
ハンガリーを流れるラーバ川
ハンガリーを流れるラーバ川
水系 ドナウ川
延長 298.2 km
平均流量 18 m³/s
流域面積 14,968 km²
水源 オーストリア・アルプス山脈
水源の標高 1,150 m
河口・合流先 ハンガリージェール
流域 オーストリア、ハンガリー
テンプレートを表示

ラーバ川ハンガリー語: Rába)は、オーストリア南東部とハンガリー西部の川。ドナウ川の支流である。ドイツ語名はラープ川 (Raab) 。

オーストリアのブルック・アン・デア・ムーアの数キロメートル東にあるホイボーデンヘーネの丘に源を発し、オーストリアのシュタイアーマルク州およびブルゲンラント州、ハンガリーのヴァシュ県およびジェール・モション・ショプロン県を流れる。全長は298.2キロメートルで、このうちおよそ100キロメートルがオーストリア国内になる。ハンガリー北西部のジェールでドナウ川の支流にそそぐ。川沿いの主要都市として、オーストリアのグライスドルフやフェルトバッハ、ハンガリーのセントゴットハールドやケルメンドなどが挙げられる。新生代初期には現在と反対の方向に流れていたが、ドイツ一帯の地盤が隆起したことから川の流れが反転した。

ラーバ川の平野部に暮らすラーバ・スロベニア人はハンガリー・スロベニア人の一派で、ハンガリー・スロベニア人のうち最も西に分布している。そのラーバ平野はプレクムリェ地方にも含まれる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Slovenians in Hungary”. Ministry of Foreign Affairs, Government of Slovenia. 2011年2月11日閲覧。