ラ・スタンパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Stampa
La Stampa.svg
種別 日刊紙
判型 ベルリナー
所有者 フィアット
発行者 Editrice La Stampa
編集者 Mario Calabresi
設立 1867年
政治的傾向 社会自由主義
言語 イタリア語
本社所在地 Via Marenco 32, トリノ、イタリア
発行数 309,253 [1]
ISSN 1122-1763
ウェブサイト http://www.lastampa.it/

ラ・スタンパ(La Stampa)は、イタリアで最も有名で影響力があり、最も発行部数の多い新聞である。トリノで発行され、イタリア及びヨーロッパ各国で販売されている。現在はフィアットグループの傘下にある。

歴史[編集]

1867年にGazzetta Piemonteseという紙名で創刊し、1895年にPier Giorgio Frassatiの父のAlfredo Frassatiに買収されて現在の名前の全国紙となった。1924年のジャコモ・マッテオッティの暗殺を批判したため、彼はジョヴァンニ・アニェッリに売却することを強制された。

1999年からは、ウェブサイトを開設した。

2006年5月26日には、"Specchio+"という月刊誌を創刊した。1999年1月26日から2006年4月7日までは、"Specchio"という名前の週刊誌であった。

2006年2月1日には、議論を呼んだムハンマドの風刺漫画を出版した。

近年、Caltagirone Editore、Gruppo Editoriale L'Espresso、デアゴスティーニ等のイタリアの出版社によって買収されるのではないかとの噂が絶えない。

脚注[編集]

  1. ^ Data for average Newspaper circulation (Diffusione media (Italia + Estero)) from the Accertamenti Diffusione Stampa (Ads) survey on 2008 in Italy アーカイブされたコピー”. 2011年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]