ランディ・パウシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランディ・パウシュ
生前のランディ・パウシュ(2008年)
人物情報
生誕 1960年10月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
死没 2008年7月25日(満47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 バージニア州ハンプトン・ローズチェサピーク
国籍 アメリカ合衆国
出身校 ブラウン大学、カーネギーメロン大学
学問
研究分野 計算機科学マンマシンインタフェース
研究機関 カーネギーメロン大学バージニア大学
博士課程
指導教員
アルフレッド・スペクター
博士課程
指導学生
ジェフリー・ピアーズ、ディズニー・タン、マシュー・コンウェイ、アダム・ファス、アンドリュー・ファウリング、リッチ・ゴスワイラー、ケン・ヒンクリー、ケイトリン・ケレハー
主な業績 CMUエンターテインメント・テクノロジー・センターと共にソフトウェア「アリス」を開発
ウォルト・ディズニー・イマジニアリングでのアトラクション考案
人生に関する著書がベストセラーとなる
ガンとの闘い
主な受賞歴 ACMカール・V・カールストロム記念最優秀教育者賞
ACM SIGCSE
雑誌『タイム』の「タイム100」[1]
テンプレートを表示

ラドルフ・フレデリック・パウシュ[2](Randolph Frederick Pausch, 1960年10月23日 - 2008年7月25日)は、アメリカ合衆国にあるカーネギーメロン大学の終身教授。専門はコンピュータ科学マンマシンインタフェースである。

パウシュは2006年9月に自身が膵癌の末期症状にあることを知り、2007年9月18日に「最後の授業:子供時代に抱いた夢の実現(The Last Lecture:Really Achieving Your Childhood Dreams)」という名前の授業を行い、それはYouTubeで映像が配信されメディアに取り上げられた。その後、同じテーマのジェフリー・ザスローとの共著『最後の授業 ぼくの命があるうちに』を発表した。それはニューヨークタイムズ・ベストセラーになった。パウシュは2008年7月25日に膵癌からの合併症で亡くなった。

来歴[編集]

パウシュはメリーランド州ボルチモアで生まれ、同州コロンビアで育った。オークランド・ミルズ高校を卒業し、1982年5月にはブラウン大学でコンピューター科学学士号を取得。1988年8月には、カーネギーメロン大学でコンピュータ科学博士号を取得した。

2008年7月25日、パウシュは、膵臓ガンのため、バージニア州にある自宅で、家族に見守られながら死去した。

最後の授業[編集]

パウシュは2007年9月18日、母校でもあるカーネギー・メロン大学で「Really Achieving Your Childhood Dreams (子供時代に抱いた夢の実現)」と題した「The Last Lecture(最後の授業)」を行った。「最後の授業」とは同大で行われる特別講義シリーズの名称で、教授らが「もし死ぬ事が分かっていたら」という仮定のもとに、教鞭をとるものである。このとき、彼は末期ガンで、医師からは余命3か月から6か月と診断されていた。同大は特別講義シリーズの名称を「Journeys」に変更。パウシュは講義の中で、この名称変更に言及する。この講義は撮影され、YouTubeにアップロードされたほか、書籍化される。

講義の最後には「この講義は、いまこの講堂にいる皆さんに向けたものではありません。本当は私の子供たちに向けたものなのです」と語り、講義を終えた。この講義は、YouTubeiTunesUで視聴できる。カーネギー・メロン大学が管理し、同大ウェブサイトでDVDの販売も行う(送料込みで7ドル)。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Couric, Katie. “Randy Pausch”. Time. 2008年8月11日閲覧。
  2. ^ Nelson, Valerie J. (2008年7月26日). “Randy Pausch, 47; terminally ill professor inspired many with his 'last lecture'”. Los Angeles Times. 2008年8月11日閲覧。