ラホールクリケットスリランカ代表襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラホールクリケットスリランカ代表チーム襲撃テロ2009年スリランカ・クリケットチーム襲撃事件とも[1])は2009年3月3日パキスタンで発生した、スリランカのクリケット代表チームが武装グループの銃撃を受けた事件。事件が起きたのはラホールにあるカダフィスタジアム付近で、スリランカ代表チームがバスでの移動中だったところ、AK-47自動小銃やロケット弾などで武装した約12人から成る武装グループの銃撃を受けた[2]。襲撃当時チームは2度目のパキスタン代表とのテストマッチの3日目を迎えていた。

スリランカの代表チームは死者はいなかったものの6人が負傷、6人の護衛警察官と2人の一般市民が銃弾を受けて死亡した[3][4] 。スポーツのナショナルチームがこのように襲撃を受けるのは1972年ミュンヘンオリンピック事件以来である[5][6]

出典[編集]

外部リンク[編集]