ラブ・ゾンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラブ・ゾンビ』は、山崎さやか(現山崎紗也夏)による漫画短編集。表題作は『ヤングサンデー増刊「大漫王」』1998年7月29日号に掲載された。

概要[編集]

時代背景、登場人物、環境など、内容に関連性の無い、読み切り短編集である。「ラブ・ゾンビ」のタイトルは筋肉少女帯の曲名より[1]

所収作品一覧[編集]

  • ラブ・ゾンビ - ヤングサンデー増刊「大漫王」No.21 1998年7月29日号
  • 主婦201号室 - 別冊ヤングマガジンNo.5 2000年1月12日号
  • HIKARI - 前編・ヤングマガジンNo.42 1998年10月5日号、後編・ヤングマガジンNo.43 1998年10月12日号
  • 便所 - 前編・ビッグコミックスピリッツNo.38 1999年9月6日号、後編・ビッグコミックスピリッツNo.39 1999年9月13日号
  • 群青 - ヤングマガジン増刊「ダッシュ」No.1 1993年9月1日号
  • P-good - ヤングサンデー増刊「大漫王」No.15 1997年7月24日号

ストーリー[編集]

ラブ・ゾンビ[編集]

四ツ菱デパート社員・中野良明は、居酒屋店員の美女・神崎マユミと知り合い、同棲するに到る。しかし、マユミは、自分の力では何も決められない優柔不断な性格だった。自分のことしか考えず、頼るだけのマユミに、良明は疲弊していく。そして、ついに良明の我慢が限界を超えた。

主婦201号室[編集]

とあるマンションの201号室に住む酒井(32歳)は10歳年下の妻アキの性欲に辟易していた。アキの浮気を防止するために、酒井の取った行動は…

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 典拠:単行本P.81 作品小咄1より

外部リンク[編集]