ラッドブルック・グローブ列車衝突事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラッドブルック・グローブ列車衝突事故
事故の石碑
事故の石碑
発生日 1999年10月5日
発生時刻 8時8分(現地時間)
イングランド
場所 ラッドブルック・グローブ
路線 グレート・ウェスタン本線
原因 信号冒進
統計
列車数 2編成
死者 31人
負傷者 523人
テンプレートを表示

ラッドブルック・グローブ列車衝突事故(ラッドブルック・グローブれっしゃしょうとつじこ、英語:Ladbroke Grove rail crash)は、1999年10月5日イギリスロンドンパディントン駅付近で発生した列車同士の衝突事故である。

事故の概要[編集]

午前8時6分発ベドウィン行テムズ・トレインズ英語版165/1形気動車「ターボ」英語版(3両編成)とチェルトナム発パディントン行ファースト・グレート・ウェスタンの高速列車(HST、8両編成)が、パディントン駅から約3 kmの地点で正面衝突し、31名が死亡し、523名が重軽傷を負った。

乗員・乗客は高速列車で421名、気動車で147名であった。

原因[編集]

気動車側の運転士が赤信号を日光反射により黄信号と誤認して通過したこと、赤信号でも黄色信号でも動作が同じであったなど運転席の警報システムの欠陥、及び、指令所職員の高速列車側への赤信号への切り替えが遅れたことの3点が挙げられる。

参考文献[編集]

  • クリスチャン・ウルマー 『折れたレール イギリス国鉄民営化の失敗』 坂本憲訳、ウェッジ、2002年11月 ISBN 978-4900594562

外部リンク[編集]