ラックラン・マッコーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラックラン・マッコーリー
Lachlan Macquarie
Lachlanmacquarie.jpg
生誕 1762年1月31日
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ウルヴァ島インナー・ヘブリディーズ
死没 1824年7月1日
イギリスの旗 イギリスロンドン
所属組織 イギリス陸軍
テンプレートを表示

ラックラン・マッコーリー、(Major-General Lachlan Macquarie CB1762年1月31日 - 1824年7月1日)は、スコットランドヘブリディーズ諸島マル島出身のイギリス軍将校ニューサウスウェールズ植民地総督1810 - 1821年)、流刑植民地から自由植民地への社会変化に重要な役割を果たした。1824年ロンドンにて死去。

因んだ名前[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ウィリアム・ブライ
ニューサウスウェールズ総督
1810–1821
次代:
トーマス・ブリスベン