ラシーヌの雅歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Performed by Les Petits Chanteurs de Passy directed by Astrid Delaunay

Cantique de Jean Racine, version for organ and choir

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ラシーヌの雅歌』(ラシーヌのがか、Cantique de Jean Racine作品11は、フランス作曲家ガブリエル・フォーレ1865年に作曲したオルガン、あるいはハーモニウム混声四部合唱のための合唱曲

題名は『ラシーヌ讃歌』『ラシーヌ雅歌』等、様々に訳されている。

概要[編集]

17世紀フランスの古典劇作家ジャン・ラシーヌの宗教的な詩に基づいた作品であり、古典宗教音楽学校フランス語版の卒業作品として作曲され、これにより作曲部門一等賞を得て卒業している。

変ニ長調、4分の4拍子、一貫して3連符のアルペッジョが貫かれ、フォーレののちの円熟した合唱作曲の書法の片鱗がすでに見える見事な合唱が展開される。

外部リンク[編集]