ラゴキリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラゴキリン
識別情報
CAS登録番号 23554-81-6 チェック
特性
化学式 C20H36O5
モル質量 356.495 g/mol
外観 明灰色結晶固体
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ラゴキリン (Lagochilin) は、灰色結晶固体を作る苦みのあるジテルペンである。Lagochilus inebriansを始め、ラゴキルス属の様々な植物で見られ、この植物の精神安定剤低血圧抗出血性の効果に関わっていると考えられている[1][2][3][4]

出典[編集]

  1. ^ Pulatova, TP; Khazanovich, RL (1962). "On the alkaloid content of some Lagochilus species and on the nature of lagochiline". Aptechnoe delo 6: 29–32. PMID 13972488. 
  2. ^ Mavlyankulova ZI, Zainutdinov UN, Mukhamedkhanov SI, Leont'ev VD, Aslanov Kh.A, Khimiya Prirodnykh Soedinenii. 1980;1:46.
  3. ^ Chizhov, O. S.; Kessenikh, A. V.; Yakovlev, I. P.; Zolotarev, B. M.; Petukhov, V. A.; Zelinskii, N. D. (1969). "Structure of lagochilin". Tetrahedron Letters 10 (17): 1361–1364. doi:10.1016/S0040-4039(01)87886-2. 
  4. ^ Chizhov, O. S.; Kessenikh, A. V.; Yakovlev, I. P.; Zolotarev, B. M.; Petukhov, V. A. (1970). "The structure of lagochilin". Bulletin of the Academy of Sciences of the USSR Division of Chemical Science 19 (9): 1866–1972. doi:10.1007/BF00849762.