ラウンドヘイの庭の場面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラウンドヘイの庭の場面
ラウンドヘイの庭の場面
現存する最古の映画のフィルム
監督 ルイ・ル・プランス
出演者
  • ハリエット・ハートレイ
  • アドルフ・ル・プランス
  • ジョセフ・ウィットレイ
  • サラ・ウィットレイ
撮影 ルイ・ル・プランス
編集 ルイ・ル・プランス
公開
  • 1888年10月14日 (1888-10-14) (個人コレクション)
上映時間 2.11秒
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 サイレント
テンプレートを表示

ラウンドヘイの庭の場面』はフランスの発明家ルイ・ル・プランスの監督による1888年の短編無声映画である。この作品は一秒あたり12コマで記録されており、上映時間は2.11秒である。この作品はギネス世界記録で認定された最古の現存する映画フィルムである[1]

概要[編集]

ル・プランスの息子であるアドルフAdolpheによると、この映画はジョセフJosephとサラSarahのウィットレイWhitley夫妻の家で、ウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャー [2]リーズラウンドヘイに位置するオークウッドOakwood邸にて1888年の10月14日に撮影された[3]

この作品はアドルフ・ル・プランス[4] 、サラ・ウィットレイ、 ジョセフ・ウィットレイ、そしてハリエット・ハートレイHarriet Hartley が庭で歩き回っている様子を撮影している。サラは回転しながら後方へ歩き、ジョセフもまたコートのすそをたなびかせながら回転している[3] 。サラ・ウィットレイはル・プランスの妻であるエリザベス Elizabethの母で、ル・プランスの義母にあたる。サラ・ウィットレイはこの映画の撮影の10日後に死去した。

リマスター[編集]

1930年にロンドンのサイエンス・ミュージアム は1888年のフィルムの残存部分の写真コピーを作成した。このシークエンスはル・プランスの1レンズ式カメラ=プロジェクターを通じ1885年のイーストマン・コダックの紙ベースの写真フィルムに記録されたものであった。ル・プランスの息子のアドルフは、ラウンドヘイの庭の映画は12フレーム/秒(二作目の映画、『リーズ橋を渡る往来』は20フレーム/秒)で撮影されたと述べたが、のちにブラッドフォードにあるメディア・ミュージアムによってデジタルリマスターされた版は52のフレームで構成され、現代の映画のフレームレートである24.64フレーム/秒で上映すると2.11秒の長さしかない。サイエンス・ミュージアムのコピーは20のフレームをもち、12フレーム/秒では1.66秒の長さになる。

参照[編集]

  1. ^ ギネスブックのすべての版で認定されている
  2. ^ ウエスト・ヨークシャーの旧名
  3. ^ a b Internet Movie Database Roundhay Garden Scene
  4. ^ Adolphe Le Prince IMDb listing

外部リンク[編集]