ライフプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ライフプランとは、人生設計のこと。

語感としては、 人生設計が、職業結婚観、生きがい、居住地など個人の充足感に主眼をおいた設計であるのに対し、 ライフプランは、主に金銭面からの生活設計を指すことが多い。

バブル経済崩壊後、グローバリゼーションの進展や構造改革に伴う、法制度をはじめとしたごく短期間での社会構造の変化や、企業の倒産、リストラによる終身雇用年功序列制度の崩壊、福利厚生の縮小、あるいは、大手生命保険会社の倒産や将来の年金制度維持に対する不安、などといった多大な不安要素(戦後復興の中で構築されてきた安定社会からすると、ある意味異常事態)並びに、個人の価値観が重視され、理想とする人生像が多様化してきたことを背景として、各人の価値観に基づく柔軟性に富んだ将来設計が重要視されるようになり、取り上げられることが増加した。

基本的に、各個人の理想とする将来像(将来は独立したい、子供は二人欲しい、一戸建てを買いたいなど)に基づき、将来必要となるであろう資金額(独立開業資金、学費、住宅購入資金、老後の生活費など)や起こりうる危険(病気・事故など)を推測し、必要資金をどのように調達するか、将来設計を変更する必要があるか、などを考えて設計していく。

関連項目[編集]