ヨースト・ファン・デン・フォンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨースト・ファン・デン・フォンデル
J vondel.jpg
誕生 (1587-11-17) 1587年11月17日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国ケルン
死没 (1679-02-05) 1679年2月5日(91歳没)
Statenvlag.svg ネーデルラント連邦共和国アムステルダム
言語 オランダ語
テンプレートを表示

ヨースト・ファン・デン・フォンデル(Joost van den Vondel、1587年11月17日 - 1679年2月5日)は、オランダ詩人劇作家

生涯[編集]

1587年に神聖ローマ帝国ケルンで誕生する。祖父はブラバントの詩人であり、両親は1582年に宗教的理由よりアントウェルペンからケルンに移ったメノナイトであった。しかし、同様な理由から1595年にネーデルラント連邦共和国ユトレヒトに移り、2年後、アムステルダムに行く。若き頃よりラテン語や古典ギリシア語を学ぶ[1]。1637年に戯曲『Gijsbrecht van Aemstel』を発表し、激賞され、オランダの舞台で何世紀もの長きにわたって上演され続ける。プロテスタントが主流を占めるネーデルラントでフォンデルは50代半ばにしてカトリックに改宗したことから物議を醸す。カルヴァン派は深く落胆、多くの友人たちはフォンデルに失望して離れていくが、 詩や戯曲を書き続け、特に1654年作の『Lucifer』(ルシファー)は絶賛された[2]。1679年にアムステルダムで没す。

代表作[編集]

  • Maeghden (1639)
  • Gijsbrecht van Aemstel (1638)
  • Lucifer (1654)
  • Adam in Ballingschap (1664)

脚注[編集]

外部リンク[編集]