ヨハンナ・リヒター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヨハンナ・リヒターJohanna Richter, 生没年不詳)は、コロラトゥーラ・ソプラノ歌手。カッセルダンツィヒロッテルダムケルンケムニッツケーニヒスベルクなどの歌劇場の契約歌手として活躍した。特に、青年時のグスタフ・マーラーカッセル歌劇場で指揮者としていたころに、熱烈な片思いを寄せた相手の女性として知られる。青眼の金髪女性と伝えられ、マーラー初期の『さすらう若者の歌』の曲想に影響を与えた。