ヨゼフ・ラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨゼフ・ラダ
Hrusice CZ Josef Lada bust 323.jpg
原語名 Josef Lada
生誕 1887年12月17日
フルシツェ
死没 1957年12月14日
プラハ

ヨゼフ・ラダ (Josef Lada、1887年12月17日1957年12月14日)は、チェコスロバキア画家イラストレーター作家

生涯[編集]

オーストリア・ハンガリー帝国ボヘミアの人口約400人余りの小さな村フルシツェで生まれる。靴職人の家であり、兄1人姉2人の4人兄弟の末っ子。 1901年にプラハへゆき劇場の装飾を学ぶが、その後、製本屋の徒弟になり、そのかたわら夜の描画教室に通い続けた。1903年に初めて国民劇場を訪れ、感銘を受ける。1906年にプラハの芸術工芸学校へ入学するが、翌年、中退[1]

独学から独特のスタイルを作りあげ、雑誌、新聞の風刺画家として活躍する。また、劇場の演劇やオペラのセットと衣装にも関わった。 『黒ねこミケシュのぼうけん』、『森と牧場のものがたり』、『きつねものがたり』、『きつねとおおかみ』、『おばけとかっぱ』といった数多くの絵本と童話の絵や文を書いている。また、1907年に知り合って以来の友人だった作家ヤロスラフ・ハシェクの長編『兵士シュヴェイクの冒険』の挿絵を担当している。

1957年にプラハで死去。1923年に結婚し、1925年に生まれた娘のアレナはのちに父と同じく画家、イラストレーターとなっている[2]

邦訳[編集]

  • 『黒ねこミケシュのぼうけん』、(ヨゼフ・ラダ文、小野田澄子訳、岩波書店)
  • 『きつねものがたり』、(ヨゼフ・ラダ文、内田莉莎子訳、福音館書店)
  • 『おばけとかっぱ』、(ヨゼフ・ラダ文、岡野裕訳、内田莉莎子訳、福音館書店)
  • 『きつねとおおかみ』、(ヤン・ヴラーナ文、かなやまみさこ訳、ほるぷ出版)
  • 『森と牧場のものがたり』、(ヴィエラ・プロヴァズニコヴァー文、さくまゆみこ訳、佑学社)
  • 『どうぶつだいすき』、(イジー・ジャーチェク文、飯島周訳、平凡社)
  • 『兵士シュヴェイクの冒険』、(ヤロスラフ・ハシェク文、栗栖継訳、岩波文庫)
  • 『おおきくなったら:チェコのわらべうた』、(内田莉莎子訳、福音館書店)

出典[編集]

  1. ^ Životopis”. 2016年7月26日閲覧。
  2. ^ O muži v lenonkách”. 2016年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]