ユーリイ・レベデフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子 アイスホッケー
オリンピック
1980 レークプラシッド 団体
アイスホッケー世界選手権
1973 モスクワ 団体
1974 ヘルシンキ 団体
1975 西ドイツ 団体
1978 プラハ 団体
1979 モスクワ 団体
1981 ヨーテボリ 団体

ユーリイ・レベデフロシア語: Юрий Васильевич Лебедев, ラテン文字転写: Yuri Lebedev 1951年3月1日- )はロシアモスクワ出身のアイスホッケー選手。左利きでポジションはライトウィング。アイスホッケーソビエト連邦代表としてレークプラシッドオリンピックで銀メダルを獲得している。

経歴[編集]

ソビエト連邦国内リーグ(ソビエト・チャンピオンシップリーグ)では1969年から1985年までの間、KRYLYA SOVETOV、CSKAモスクワで473試合に出場、181得点をあげている[1][2]。ソ連代表には1972年9月6日のカナダ戦(サミット・シリーズ)でデビューして127試合で25得点をあげた[2]。この間、アイスホッケー世界選手権には1973年、1974年、1975年、1978年、1979年、1981年に出場、1976年のカナダカップに出場、1980年のレークプラシッドオリンピックでは銀メダルを獲得している(氷上の奇跡)。1981年4月22日の試合を最後にソ連代表を退き[2]、1982/83シーズンはドイツのハンブルガーSVでプレイした。

プレイスタイル[編集]

ヴャチェスラフ・アニシンアレクサンドル・ボズノフAlexander Bodunov)とラインを組んで1974年にはそれまで好成績をあげていなかったPHCクリリヤ・ソヴェトフの優勝に大きく貢献した。彼のスケーティングはチームメートに比べてスピードはなかったが闘争心とスティックさばきでラインをリードした[1]

受賞歴[編集]

  • ソビエト連邦リーグ優勝(1970年、1971年、1974年)
  • ソビエト連邦リーグベストライン賞(1974年)
  • アイスホッケー世界選手権優勝 (1973年、1974年、1975年、1978年、1979年、1981年)
  • オリンピック 銀メダル(1980年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]