ユースタス・ロレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユースタス・ロレーン(Eustace Broke Loraine、1879年9月3日 - 1912年7月5日)はイギリスの航空の開拓者であり、イギリス陸軍航空隊で最初に航空機事故で殉職した将校である。

来歴[編集]

11代准男爵ランブトン・ロレーンの長男として生まれた。南アフリカのGrenadier Guardsに従軍した後、1902年の夏イギリスに戻り、その後ナイジェリアのラゴスの司令部のスタッフとして従軍し、後にイギリス空軍の父と呼ばれることになるヒュー・トレンチャードの1907年から1908年にかけての遠征に部隊長として参加した。1909年ナイジェリアに駐留中に、ルイ・ブレリオのドーバー海峡横断飛行のニュースを知って、好奇心を刺激され飛行について知ろうと決意した[1]

国費で飛行訓練を受け、1911年11月7日イギリス飛行クラブから#154の航空ライセンスを得た[1] [2]。アイルランドに駐留するトレチャードに飛行技術の習熟を報告し、1912年の春か夏にはトレチャードにも飛行を学ぶことを勧めたので、トレチャードは第一次世界大戦中にフランスで航空隊の指揮を行い、その後イギリス空軍の最初の長官となった。

ロレーンとウイルソンの記念碑

ロレーンは1911年のうちか1912年の初めまでに、ラークヒルに基地をおいた航空大隊(Air Battalion)の第2隊、(1912年5月12日、イギリス陸軍航空隊が設立されるとNo3飛行戦隊に改称された)に配属された。2月後の、1912年7月5日にロレーンと観測士のR・H・V・ウイルソン軍曹はニューポール単葉機でラークヒルを訓練飛行で飛び立った。急旋回を行った時、飛行機は墜落、ウィルソンは即死し、ロレーンは墜落後しばらくしてから死亡した。ウィルソンとロレーンは、イギリス航空隊で航空機事故による最初の殉職者となった。

ロレーンらが墜落した、ストーンヘンジ西1マイルほどの十字路に、エアマンズクロスと呼ばれる十字架の記念碑が建てられている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Boyle, Andrew. Trenchard Man of Vision. St. James's Place London: Collins. pp. 95. 
  2. ^ Great Britain's Earliest Aviators at content-delivery.co.uk