ユナイテッド航空859便オーバーラン事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユナイテッド航空859便
United Air Lines N8040U after accident.jpg
炎上する事故機
事故の概要
日付 1961年7月11日
概要 機械的故障とパイロットエラー
現場 アメリカ合衆国の旗 コロラド州デンバー
乗客数 115
乗員数 7
負傷者数
(死者除く)
84
死者数 18 (地上1)
生存者数 105
機種 ダグラス DC-8-12
運用者 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空
機体記号 N8040U
出発地 アメリカ合衆国の旗 ネブラスカ州-エプリー飛行場
目的地 アメリカ合衆国の旗 コロラド州-ステープルトン国際空港
テンプレートを表示

ユナイテッド航空859便オーバーラン事故は、1961年7月11日にコロラド州デンバーのステープルトン国際空港に着陸中に墜落し、18人が死亡し84人が負傷した事故。 この事故は、一方の側の2つのエンジンが逆噴射状態になったため、制御不能に陥り滑走路を逸脱。燃料タンクが破裂し引火した。空港の消防署は緊急時の設備が不足していることが判明したが、消防署員の努力で多くの人命が救われ賞賛された。

事故の詳細[編集]

事故機(N8040U[1])は、建設機械を含むいくつかの空港車両に衝突し、18人が死亡(地上に1人を含む)し、84人が負傷した。

859便は途中で油圧の不具合が発生し、クルーが油圧の不具合のチェックリストに従った後、通常の着陸準備を行った。859便は正常に接地したが、エンジンのスラストレバーを逆噴射の位置に動かすと、左側のエンジンのスラストリバーサーのバケットが正しく展開しなかった。エンジンの推力を前方に向けるには、バケットを閉じなければいけない[2]

この故障により、左側の第1エンジンと第2エンジンは離陸推力[要出典]、右側の第3エンジンと第4エンジンは逆推力をという状態になった。そのため機体は、非対称的な推力により、右に逸れ始めた。滑走路を逸脱し、建設中の新しい誘導路に接触した後、右のメインギアが壊れた。ノーズギアも壊れ、右翼の燃料タンクが破裂し、火災が発生した。航空委員会(CAB)報告書は逆噴射状態にならなかった要因は、逆推力インジケータライトを副操縦士が監視を怠った事だとした[2]

鎮火後の事故機

18人の死者のうち一酸化炭素中毒が死因なのは、16人であった。1人の高齢女性が避難中に両方の足首を負傷し、後でショックで亡くなった[2]

事故の対応[編集]

救助活動はほぼ直ちに開始されたが、空港消防署は人員の不足に加えて設備も貧弱で、車両は1940年代に導入されたものを使用していた。さらに、近隣の空軍基地やデンバー市の消防施設からの援助の遅れによって被害が拡大した。

しかし、消防隊員は難しい状況のなか、適切に行動し多くの人命を救ったとして賞賛された。

関連項目[編集]

逆推力装置が原因の事故

脚注[編集]

  1. ^ "FAA Registry (N8040U)". Federal Aviation Administration.
  2. ^ a b c Aircraft Accident Report: United Airlines Flight 859”. 2011年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。