ヤギの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャムリー城英語版のヤギの塔

ヤギの塔(ヤギのとう)とはフォリーを模して装飾されたヤギ小屋である。このフォリーと呼ばれる小型の建築物の最初の例は19世紀のポルトガルに見られる[1][2]。 有名なヤギの塔として、南アフリカのヤギの塔でフェアヴュー (Fairview) というワイナリーに20世紀に建築されたものが挙げられる。このヤギの塔に影響を受け、さまざまな複製が世界中に広まっていった[3]

最初のヤギの塔[編集]

最初のワイナリーのヤギの塔 (Torre das Cabras) はフェルナンド・ゲデス・ダ・シルバ・ダ・フォンセカ(Fernando Guedes da Silva da Fonseca、1871年 - 1946年)によってポルトガルのビーニョ・ベルデ (Vinho Verde) 地方において最も有名なワイナリーであったアヴェレダ (Aveleda) に建てられた[1][4][5]

代表的なヤギの塔[編集]

2番目となるヤギの塔は、1981年にチャールズ・バック (Charles Back) によって南アフリカのフェアヴュー(Fairview)に建てられた[6]。このフェアヴューのワインとチーズ牧場英語版とヤギの塔は、ワインの土地であるパールランドマークとなっている。このヤギの塔は、この牧場を指す最もわかりやすい象徴であり、自社ブランドの顔ともなっている[7]。フェアヴューでは750頭以上のザーネン種[注 1]を飼育しており、これらのヤギから採れるヤギ乳からはチーズが作られる。このチーズには、この牧場で作成したことを示すラベルが貼られる。また、これらのヤギの中の選ばれた群れにだけ塔に住める権利が与えられる。このヤギの塔に影響を受け、さまざまな複製が世界中に広まっていった[3]

ヤギの塔の広まり[編集]

イリノイ州の農家であるデビット・ジョンソン (David Johnson) はデキャンタ (雑誌)英語版でフェアヴューの記事を見たのちに、約9.4 m (31フィート)のヤギの塔をシェルビー郡ファインダリー英語版近郷に立てた[8][9][10]。 また、別のヤギの塔にテネシー州メンフィスに存在するビール・ストリート英語版中のシルキー・オ・サリバンズ・バー (Silky O'Sullivan's bar) のアウトドア・シートエリアに建築されたものがある[11]ウィスコンシン州ワウナキー英語版に存在するヤギのふれあい動物園英語版には、エンドレス家によりヤギの塔が建てられた。このヤギの塔は地域の他の建築物と合うよう、バイエルン風にデザインされた。塔の所有者は、これがフェアヴュー、ファインダリー、メンフィス、エケビー (Ekeby) に次いで、五番目に建てられたヤギの塔だと発表した[12][13]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ヤギの品種の一つ。乳用ヤギ。

出典[編集]

  1. ^ a b American Society of Landscape Architects. Garden design - Volume 18, Issue 5. 1999. "...Silva da Fonseca, began developing the gardens on a grander scale and building their architectural follies in the 1820s. These are painstakingly maintained today: a stone goat tower three stories high with a spiral ramp of logs..."
  2. ^ Nic Barlow, Caroline Holmes. Follies of Europe: architectural extravaganzas. 2008 Page 180.
  3. ^ a b Erica Platter. A Strange Case of Wine. New Africa Books, 1993 ISBN 9780864862600 p.79 describes the South African Goat Tower as one of a series of 'garden follies' based on European originals.
  4. ^ Aveleda website, http://www.aveleda.pt
  5. ^ Penafiel: Quinta da Aveleda. Visao. April 27, 2009.
  6. ^ 『世界の美しい階段』 エクスナレッジ2015年、184頁。ISBN 978-4-7678-2042-2
  7. ^ Fairview official website http://www.fairview.co.za
  8. ^ "A 'butt-er' class of goatshed". Retrieved on 12 May 2008.
  9. ^ 31 Ft. Goat Tower Keeps Animals Fit, Happy Farm Show Volume 33, Issue 2, 2009.
  10. ^ Construction details
  11. ^ SILKY O'SULLIVAN'S: Home to drunken tower-climbing goats... seriously
  12. ^ Waunakee, Wisconsin: Bavarian-Themed Business, Goat Tower
  13. ^ World’s 5th Goat Tower Built

外部リンク[編集]