モーリス・レジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

モーリス・レジェMaurice Léger 1873年 - 1948年7月27日)はフランスの発明家である。ヘリコプターの発明者とされる。

パリで生まれた。エコール・サントラル・パリで機械工学を学んだ。軍務についた後、1899年モナコの海洋学協会に職をえた。1901年2月にヘリコプター(プロペラで上昇する機械)の特許を取得した。1902年にモナコ大公アルベール1世の許可を得て、電気駆動の模型を製作し、1906年からエンジン駆動のヘリコプターを製作した。1907年5月には無人で10cmの浮上に成功し、6月13日には操縦者をのせて、15秒間80cmの浮上に成功したが、バランスを崩して、機体は破損した。アルベール1世が資金の供給をやめたことにより、ヘリコプターの実験は取りやめられた。レジェも航空の研究をやめ第一次世界大戦では、士官として働いた。

1923年になって、人を乗せたヘリコプターの最初の発明者としてレジオンドヌール勲章シュヴァリエ章が与えられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:彼のヘリコプター、本人の肖像の画像提供をお願いします。2009年09月