モーデン・サウス駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モーデン・サウス駅
Morden South Station
Morden South stn entrance.JPG
モーデン・サウス駅の入口とホームの一部。背景はバイトゥル・フトゥ・モスク。
モーデン・サウス駅の位置(グレーター・ロンドン内)
モーデン・サウス駅
モーデン・サウス駅
グレーター・ロンドンの地図上でのモーデン・サウス駅の位置
所在地

モーデン英語版

北緯51度23分47.4秒 西経0度11分56.4秒 / 北緯51.396500度 西経0.199000度 / 51.396500; -0.199000
行政区 マートン英語版
運営 ファースト・キャピタル・コネクト
路線 テムズリンク
駅構造 地上駅
駅コード MDS
ホーム数 2
ゾーン 4
NR年間乗降員数
2004–05 23,496[1]
2005–06 27,263[1]
2006–07 71,888[1]
2007–08 80,439[1]
2008–09 72,322[1]
歴史
1930年 (1930) 開業
その他
外部リンク
WGS84 北緯51度23分47秒 西経0度11分56秒 / 北緯51.3965度 西経0.199度 / 51.3965; -0.199座標: 北緯51度23分47秒 西経0度11分56秒 / 北緯51.3965度 西経0.199度 / 51.3965; -0.199
テンプレートを表示

モーデン・サウス駅 (モーデン・サウスえき、Morden South Station) は、マートン・ロンドン特別区モーデンにある、ファースト・キャピタル・コネクトが運行するテムズリンク系統のサットン・ループ区間にある鉄道駅である。トラベルカード・ゾーンは4に属している。

駅の東側に隣接して、西欧最大級のモスクバイトゥル・フトゥ(Baitul Futuh, Bait-ul-Futuh)がある。さらにそのすぐ東隣には、ロンドン地下鉄のモーデン車両基地がある。

歴史[編集]

ウィンブルドンサットンを結ぶ鉄道の建設に対する議会の認可は、1910年ウィンブルドン・アンド・サットン鉄道(Wimbledon and Sutton Railway, W&SR)が獲得したが、実際の建設事業は第一次世界大戦の勃発によって遅れることになった[2]。 W&SRの設立時から、その株式の一部は当時のメトロポリタン・ディストリクト鉄道(Metropolitan District Railway, MDR)(現在のディストリクト線の前身)が保有しており、MDRは新たに建設される路線を経由して列車を運行する権利を確保していた。1920年代には、MDRを所有していた、当時のロンドン電気鉄道(London Electric Railway Company、LER)(現在のロンドン地下鉄の前身)が、シティ・アンド・ロンドン鉄道(C&SLR)の路線の一部を利用して、当時のシティ・アンド・サウス・ロンドン鉄道(City and South London Railway, C&SLR)(現在のノーザン線)をサットンまで延伸する計画を立てた[2]。当時のサザン鉄道(SR)がこの計画に反対し、LERとSRは交渉を経て、C&SLRのモーデン駅までの延伸を可能にする代わりに、LERがW&SRの路線に関する権利を放棄する、という内容の合意に達した。こうして、当初W&SRが計画した路線は、ロンドン周辺では最後の鉄道幹線建設のひとつとしてSRによって建設された。モーデン・サウス駅は、サウス・マートン駅から路線がつながった1930年1月5日に開業した[2]

かつては、モーデン・サウス駅に隣接したエクスプレス・デアリーズ(Express Dairies)の瓶詰め工場への引き込み線があった。1950年代や1960年代には、この工場で瓶詰め出荷される牛乳は、「ミルク・トレイン」と称された牛乳運搬車によって工場に搬入されていた。引き込み線への手動によるポイント切り替えは、モーデン・サウス駅の職員の仕事だった。瓶詰め工場は1992年に閉鎖されている[3]

乗り継ぎ[編集]

モーデン・サウス駅で乗り継げるロンドン・バスの路線は、 80番、93番、154番である。

運行状況[編集]

ピーク時以外の典型的な運行では、ウィンブルドン方面にループを時計回りする便が1時間に2本、サットン方面にループを反時計回りする便が1時間に1本ある。

隣の駅[編集]

ナショナル・レール
ファースト・キャピタル・コネクト
サットン・ループ線
セント・ヘリア駅 - モーデン駅 - サウス・マートン駅

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Station usage estimates”. Rail statistics. Office of Rail Regulation. 2015年3月31日閲覧。 注記:統計手法は年により異なる場合がある。
  2. ^ a b c Jackson, Alan A. (December 1966). “The Wimbledon & Sutton Railway – A late arrival on the South London suburban scene”. The Railway Magazine: 675-680. http://www.semgonline.com/RlyMag/WimbledonSuttonRly.pdf 2009年5月7日閲覧。. 
  3. ^ “News in Brief - Northern Foods to axe 400 jobs”. The Guardian: 13. (1992-04-15). http://archive.guardian.co.uk/Default/Scripting/ArticleWin.asp?From=Archive&Source=Page&Skin=DigitalArchive&BaseHref=GUA/1992/04/15&PageLabelPrint=13&EntityId=Ar01307&ViewMode=HTML 2009年5月18日閲覧。.