モンマスペディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンマスペディア
Monmouthpedia
Monmouthpedia logo.svg
プロジェクトのロゴ
URL monmouthpedia.org
言語 複数言語[1]
設立者 ジョン・カミングス、ロジャー・バムキン
営利性 No
開始 2012年5月19日 (9年前) (2012-05-19)
ライセンス
クリエイティブ・コモンズ・アトリビューション/シェア・アライク

モンマスペディア英語: Monmouthpedia)は、イギリス・南ウェールズの町であるモンマスと、オンライン百科事典であるウィキペディアの協同プロジェクトである[2]

このプロジェクトはQRペディアQRコードを用いており、スマートフォンからウィキペディアの記事へのアクセスを提供している。受容者は複数言語で提供されているウィキペディアで、モンマスにある施設、人物、建築物、動植物などの記事にアクセスすることができる[3]。公式には2012年5月19日に開始された。モンマスは「世界初のウィキペディアタウン」と表現される[4][5][6][7]

導入[編集]

プロジェクトを説明するビデオ
プロジェクトに深く関与したロジャー・バムキン

モンマスペディアの構想は、2011年後半にモンマス在住のジョン・カミングスによって考案された。カミングスはブリストルで開催されたTEDxイベントに参加し、QRペディアダービー博物館・美術館に活用するプロジェクトについて議論した[8]ウィキメディアUK英語版の代表であり、QRペディアの共同創設者でもあるロジャー・バムキン(Roger Bamkin)とともに、カミングスはモンマスペディアのプロジェクトを立ち上げた。このプロジェクトはモンマスシャー議会やシャイア・ホール(ビジターセンター兼市議会)にも支持された。モンマスシャー政府は後に、ウィキペディアン・イン・レジデンスを導入する計画を発表した[8]

モンマスペディアの当面の目標は、2012年4月までに1,000のQRコードを対象物に貼付することだった。対象物にはQRコードがあしらわれたセラミック製の記念額が設置された[9][7]。プロジェクトのウェブサイトでは5月までに、モンマスに関する712の新記事と加筆記事(計25言語)が報告された。訪問者のスマートフォンの言語環境設定を基にして、非英語話者がモンマスペディアを使用した場合には自動的に母語の記事が表示される。プロジェクトの開始時には、イギリス以外の協力者によって、英語以外の言語で500の記事が利用可能となった[10]

モンマスシャー図書館英語版は、QRコードを蔵書に貼付した世界初の図書館となった。スマートフォンを所有する利用者は、手に取った書籍やその著者についてのウィキペディアの記事にアクセスすることができる。地元作家の作品やウェールズの書籍が優先して作業されたが、2012年に開催されたエリザベス女王のダイヤモンド・ジュビリー英語版(即位60周年)やロンドンオリンピックに関する書籍も他に優先された[11]

受容[編集]

イギリスにおけるモンマスシャーの位置

ウェブログの「テックダート英語版」に寄稿しているグリン・ムーディ英語版は、モンマスペディアがウィキペディアの未来であるのかを問うた[12]。ムーディはこのプロジェクトを2010年のハリウッド映画『インセプション』に見立て、「フラクタルなウィキペディアの一種」を生み出すものと説明。「ウィキペディアの中のウィキペディアの中のウィキペディア」を潜在的に可能にするものだとした[12]。このエントリーから数日後には世間のモンマスペディアに対する関心が拡大した。

ウィキメディアUKのスポークスマンは、プロジェクトページの閲覧回数が10,000回に達したと発表し、ノルウェー、イングランド、フランス、スコットランド、アメリカのテキサス州の町から問い合わせがあったことを明らかにした[13]。モンマスでの先例はイギリスの海外領土であるジブラルタルからの興味も引き寄せ、そこでは7月13日にジブラルタルペディアのプロジェクトが開始された[14]

ウィキペディアの共同創設者であるジミー・ウェールズもモンマスペディアのプロジェクトに熱心であり、「町全体をウィキペディアにするというのは新しい発想であり、モンマスの人々が先進的である証だ。すべてはボランティアとウィキメディアUKによるものである。他の町や都市でも同じことが行われるのを楽しみにしている」と語った[15]

2012年7月、モンマスシャー議会はこの構想をモンマス以外の町に拡張することを計画していると発表し、チェプストウ英語版ラグラン英語版という町の名前を挙げた[16]。「モンマスシャーペディア」の発信を狙いとして、2012年11月には議会によって新しい部門が設置された[17]。2012年10月、モンマスペディアはモンマスシャー・ビジネス・アワードで優秀マーケティング賞を受賞した[18]

チェプストウのSevern Quayで住宅開発を行い、モンマスシャー・ビジネス・アワードのスポンサーでもあるウィンデル・プロパティ・マネジメントは、ウェブサイトでモンマスペディアを賞賛した。「モンマスのみで広告的価値は212万ポンドと推定される」とし、チェプストウで類似のプロジェクトを開始する場合には「チェプストウでもまた利益が得られるだろう」とした[19][20]

2013年2月7日、モンマスペディアはウィキメディアUKのガバナンスレビューを誘発した利益相反行為の一つとして言及された。ウィキメディアUK代表のロジャー・バムキンがコンサルタント料を受け取っていたことで、ウィキメディアUKの評判が落ちたという[21]

脚注[編集]

  1. ^ Sawyers, Paul. “Monmouthpedia: Wikipedia’s new project covering life in the Welsh town of Monmouth”. The Next Web. 2012年5月6日閲覧。
  2. ^ “Wikipedia project to cover life in Monmouth”. BBC. (2011年12月30日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-south-east-wales-16359364 2012年5月6日閲覧。 
  3. ^ MonmouthpediA ? The World's First Wikipedia Town”. モンマスシャー議会. 2012年5月6日閲覧。
  4. ^ “Monmouth to be Wales' first WiFi town”. Monmouth Today. (2012年2月29日). http://www.monmouth-today.co.uk/news.cfm?id=7508 2012年5月9日閲覧。 
  5. ^ “Welsh town of Monmouth gets Wikipedia treatment”. Computer Active. (2012年1月26日). オリジナルの2012年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120418174154/http://www.computeractive.co.uk/ca/news/2141730/welsh-town-monmouth-wikipedia-treatment 2012年5月9日閲覧。 
  6. ^ “Monmouth to be first Wiki-town”. Cinderford Today. (2012年1月18日). http://www.cinderford-today.co.uk/news.cfm?id=1766&headline=Monmouth%20to%20be%20first%20Wiki-town 2012年5月9日閲覧。 
  7. ^ a b 是住, 久美子 (2015年6月20日). “ライブラリアンによるWikipedia Townへの支援”. 国立国会図書館 カレントアウェアネス・ポータル. http://current.ndl.go.jp/ca1847#ref 2016年3月20日閲覧。 
  8. ^ a b Monmouth becomes the world's first Wikipedia town”. モンマスシャー議会. 2012年5月6日閲覧。
  9. ^ Morris, Steven (2012年1月26日). “Wikipedia puts Monmouth on frontier of a new kind of local history”. ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jan/26/wikipedia-monmouth-residents-local-website 2012年5月6日閲覧。 
  10. ^ Monmouthpedia : la ville Wikipedia” (French). GNT (2012年5月18日). 2012年5月22日閲覧。
  11. ^ Monmouth Library First in the World”. モンマスシャー図書館 (2012年5月21日). 2012年5月23日閲覧。
  12. ^ a b Moody, Glyn (2012年1月5日). “Is Monmouthpedia The Future of Wikipedia?”. Techdirt. http://www.techdirt.com/articles/20120102/08191517252/is-monmouthpedia-future-wikipedia.shtml 2012年5月6日閲覧。 
  13. ^ Erika Morphy (2012年5月21日). “Tiny Welsh Burg Paints the Town Wiki”. TechNewsWorld. 2012年5月22日閲覧。
  14. ^ Gibraltarpedia”. Vox. 2013年11月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月14日閲覧。
  15. ^ Timon Singh (2012年5月22日). “Monmouth: The World’s First Wikipedia Town Launches In Wales”. Inhabitat. 2012年5月23日閲覧。
  16. ^ Melissa Jones (2012年7月23日). “Monmouthpedia could bring Wikipedia effect to Chepstow”. South Wales Argus. 2012年9月20日閲覧。
  17. ^ Digital Communities Coordinator job description”. モンマスシャー政府. 2012年11月13日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ ‘Brilliant’ Monmouthshire businesses praised”. Free Press (2012年10月10日). 2012年10月18日閲覧。
  19. ^ Is Chepstow is next 'Wikipedia town'?”. Severn Quay. 2012年10月18日閲覧。
  20. ^ Business Award Categories”. 2012年11月13日閲覧。
  21. ^ Wikimedia UK review”. Civil Society. 2016年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]