モネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

モネル: Monel)は、主にニッケル (Ni) と (Cu) からなる合金である。

他に鉄、マンガン、 硫黄 などを含有する。

アメリカ技術者モネル(Ambrose Monell)によって、1906年に開発された。

[[非磁性]]か、非磁性に近く、耐熱成に優れ、硫酸、塩酸、有機酸のいずれに対しても高い耐性を持つ。

モネル400(Ni65-Cu33-Fe2) 、Rモネル (Monel R-405,硫黄を 0.04%添加 快削モネル)、Kモネル(Ni66-Cu29-Al3 航空機用非磁性部品)、

Sモネル (Ni63-Cu30-Si4、鋳物用途)、Hモネル(Ni63-Cu30-Si3-鋳物)などが良く利用される。

引っ張り強さ(120 kg/mm2 ,HB 300以上に達する)から、航空宇宙用途の部品として、

耐食性から、海水中、高温蒸気中などの腐食環境の部品(ポンプのベーン、プロペラ、ばね材料、 弁、復水器)などに用いられる。

同様の理由から、眼鏡フレーム、楽器部材(トランペットのピストン内筒など)などにも利用される。

ニッケルの量が多いこと、難切削材なため、どうしても高価になりがちである。


ISO 9723 : 1992, Nickel and nickel alloy bars JIS H 4553 : 1999 耐腐食性ニッケル合金

関連項目[編集]