クラウド・サーフィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モッシュダイブから転送)
Jump to navigation Jump to search

クラウド・サーフィング (crowd surfing) とは、主にロックコンサートにおいて、体を支えられた人間が他の観客の頭上を泳ぐように移動する行為である。

概要[編集]

ロック・フェスティバルにおけるクラウド・サーフィングの光景

クラウド・サーフィングを行う者(クラウド・サーファー)は自分の身体を他の観客に委ね、これに協力する者は手で支えつつステージ方向に押し出すことで自分の頭上を通過させる。前提としてある程度、人が密集している必要があるので、ステージ付近で行われることが多い。

モッシュと同様に、ライヴ中に興奮した一部の観客によって自然発生的に行われる。危険を伴う行為であるため、公演によっては禁止され[1]、開演前にその旨のアナウンスが行われる。海外のライヴにおいてはクラウド・サーフィングが原因と見られる事故による死者も出ており[2]、禁止を強化する動きもある[3]

なお、日本においては「クラウドサーフィング」という意味で「ダイブ」という単語が使われることがあるが、これは誤りである[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]