モシリシンナイサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モシリシンナイサムまたはモシリシンナイサは、アイヌに伝わる妖怪

概要[編集]

体に白と黒のまだら模様のある、馬ほどの大きさの妖怪。村外れの湿地帯にいる。その姿や足跡を目にした者は長生きできず、不幸な人生を送る羽目になってしまうという[1]

また、色々な動物に姿を変えて人間をつね狙うともいわれている。たとえば、道端にいたはずの鹿が一瞬にしていなくなってしまったら、これはモシリシンナイサムに狙われている証拠だという[2]

以下のような伝説もある。大昔、イタチの神が天から降りて来て地上に住もうとしたとき、古くから世界の端に住んでいたモシリシンナイサムが力比べを申し込み、いきなりイタチを火の中に投げ込んだ。モシリシンナイサムが喜んでいると、焼け死んだはずのイタチが現れ、逆にモシリシンナイサムを火の中へ投げ返した。モシリシンナイサムは逃げようとしたものの、イタチに阻まれ、そのまま焼け死んだ。その灰からは、ネコキツネといった動物が誕生した。こうした経緯でキツネは悪の心を持ち、人を化かすのだという[3]

名称のモシリは「国」、シンナイは「別の」、サムは「側」を意味し、「他の世界から来る者[1]」または「世界の乱入者[3]」という意味で付けられた名前である。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著『日本妖怪大事典』角川書店〈Kwai books〉、2005年、323-324頁。ISBN 978-4-04-883926-6
  2. ^ 知里真志保編訳「えぞおばけ列伝」『アイヌ民譚集』岩波書店岩波文庫〉、1981年、191-192頁。ISBN 978-4-00-320811-3
  3. ^ a b 日野巌『動物妖怪譚』下、中央公論新社中公文庫〉、2006年、103-104頁。ISBN 978-4-12-204792-1

関連項目[編集]