メール・ド・グラース氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯45度54分48秒 東経6度56分14秒 / 北緯45.91333度 東経6.93722度 / 45.91333; 6.93722

メール・ド・グラース氷河
1870年頃の写真

メール・ド・グラース氷河(メール・ド・グラースひょうが、: Mer de Glace、「氷の海」の意[1])は、フランスにある同国最大の氷河アルプス山脈モンブラン北壁にある。長さ7km、深さ200m。メールドグラス氷河とも表記する[2]

概要[編集]

標高2,400mの地点にて3本の氷河が合流し、メール・ド・グラース氷河となる。下端は標高1,400m、主な流路方向は北北西。かつてはシャモニー=モン=ブランから見ることができたが、氷河の後退により、現在では見ることができなくなっている。流速はおおよそ年速90m。氷河上部には、クーベルクル小屋フランス語版という山小屋がある[3]。 シャモニーからメール・ド・グラース氷河までモンタンヴェール鉄道が観光客を運ぶ。

メール・ド・グラース氷河の位置(100x100内)
メール・ド・グラース氷河
モンブラン周辺の地形図
メール・ド・グラース氷河は右上。モンブランの下(南)にはミアージュ氷河がある

脚注[編集]

  1. ^ 『世界で一番美しい山岳鉄道』エクスナレッジ、2015年、69頁。ISBN 978-4-7678-2045-3
  2. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年5月27日閲覧。
  3. ^ 山と溪谷』2018年3月号、山と溪谷社、 103頁。