メリウス・ユハース・ペーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メリウス・ユハース・ペーテルハンガリー語: Méliusz Juhász Péter 1532年1572年12月25日)は、トランシルヴァニアの植物学者、作家、カルヴァン派の神学者、聖職者[1]ユニテリアン教会ダーヴィド・フェレンツとの宗教会議での論争で知られ、各地で多数の信仰告白を作成した(デブレツェン(1567年)、カッシャ(1568年) 、ヴァーラド(1568年8月18日))。ヴァーラド信仰告白の後、「センテンティア・カトリカ」を出版した[2]

ガーシュパール・カーロイは、ヴィジョイ聖書を作成するにあたり、聖書翻訳の出典の一人としてメリウスの名をあげている。

1578年に出版された『植物誌』は、ハンガリー語による最初の植物学・薬学の書物である。

脚注[編集]

  1. ^ Kirchenlexikon.de (German)
  2. ^ Mihály Balázs Early Transylvanian antitrinitarianism (1566-1571): from Servet to Palaeologus Baden-Baden, 1996 "Around the middle of 1568 Melius and his friends published their theses for the Varad dispute on August, 1568. The opus is no longer extant; but we have the reply by David and his followers, the often mentioned Refutatio ..."