ムラエノサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラエノサウルス

ムラエノサウルス (: Muraenosaurus) は、首長竜の一つ。クリプトクリドゥス科に属する。イングランド南部のオックスフォード粘土層英語版で発掘された。属名は、ラテン語の"Muraena"(ウナギの意)と"Sauros"(トカゲの意)に由来し、長い首と小さい頭という外見がウナギのようであることからこの名前がついた。ムラエノサウルスは体長 5 m から 6 m に成長し、ジュラ紀中期カロビアン英語版の1億6400万年前から1億6000万年前ごろに生息していた。