ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァ(Musica Elettronica Viva; MEV)は、イタリアローマに拠点を置く即興音楽家集団。1966年に結成された。長年に渡り、アルヴィン・カランリチャード・タイテルバウムフレデリック・ジェフスキアラン・ブライアントキャロル・プランタムライヴァン・ヴァンダーカール・ベルガースティーブ・レイシージョン・フェットプレイスなどがメンバーを務めている。

シンセサイザーを使って音の加工をいち早く行った実験音楽家集団であった。1967年にベルリンで行われた演奏会では、ジョン・ケージSolo for Voice 2を、プランタムラがモーグ・シンセサイザーを用いて自分の声を変換し演奏した。また、窓ガラスやオリーブ油の缶といった「非音楽的な物体」から発せられる音を増幅し演奏に用いたが、これが原因となってイタリアでは暴動が起きたため、同国内では悪名高き存在となった。構成メンバーは個々が作曲家として活動しているが、今日までグループとしての活動も積極的に行っている。最近では、カラン、タイテルバウム、ジェフスキが2007年にタングルウッド音楽祭で演奏を行った。

1960年代、ムジカ・エレットロニカ・ヴィヴァのスタジオは、ローマ・トラステヴェレ地区のピエトロ・ペレッティ通りにある建物の1階にあった。ピエトロ・ペレッティ通りとジェノヴェージ通りの交差点角にある建物の2階には、ブライアントが住んでいた。3街区を離れて、ルーチェ通りの55番地の5階にはジェフスキが住み、66番地の4階にはタイテルバウムが住んでいた。プランタムラは、ルーチェ通りとジウリオ・チェザーレ・サンティーニ通りの交差点角に住んでいた。カランの住居は2kmほど離れた場所にあり、ナヴォーナ広場の近く、オルソ通りにあった。

出典[編集]

  • Liner Notes, MEV 40 [1]

外部リンク[編集]