ムサ (パルティア王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムサ
パルティア王妃
Parthian Queen Bust.jpg

死去 4年
配偶者 パルティア王フラーテス4世
  パルティア王フラーテス5世
子女 フラーテス5世
テンプレートを表示

ムサラテン文字表記:Musa)は、アルサケス朝パルティア王妃テア・ムサムーサーなどとも表記される。

来歴[編集]

イタリア半島で生まれた女奴隷であった。パルティア王フラーテス4世ローマオクタヴィアヌスと講和を結んだ際に、オクタヴィアヌスからフラーテス4世へと贈られた。

ムサはフラーテス4世の寵愛を得ることに成功し、フラーテス5世(フラータケス)を生んだ。当時彼女は「女神ムサ」とまで呼ばれている。彼女はフラーテス5世を王位に付けるべく他の王位継承者の排除を追求し、王妃ビステイバナプスと4人の王子をローマに人質として出すよう仕向けるなどして、息子フラーテス5世を後継者とすることに成功した。

一通りライバルがいなくなった後の紀元前2年、ムサはフラーテス4世を毒殺して息子フラーテス5世を即位させ、さらに後には息子フラーテス5世と結婚し、王妃の地位を維持した。しかしこの処置はパルティアの大貴族たちの反発を買い、またフラーテス5世の失政と相まってムサたちは排除され、西暦4年に新たな王オロデス3世が擁立された。しかし、彼もすぐに廃され、フラーテス4世とムサによってローマに人質に出されていた王子の一人、ヴォノネス1世が王となった。

参考文献[編集]

  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Phraates". Encyclopædia Britannica (英語). 21 (11th ed.). Cambridge University Press.
  • Josephus, Antiquities of the Jews, xviii, 2–4.
  • Royal Egyptian Genealogy, Ptolemaic Dynasty: Cleopatra Selene