オロデス3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オロデス3世
アルサケス朝パルティア
OrodesIIICoinHistoryofIran.jpg
在位 4年 - 6年
死去 6年
王朝 アルサケス朝
テンプレートを表示

オロデス3世Orodes III、? - 6年、在位:西暦4年 - 6年)は、アルサケス朝パルティアの王。

フラーテス5世ムサの統治に反発する貴族らによって擁立されたが、「あまりにも残虐であったために」すぐに国内の支持を失い殺されたとされている。

その治世に関してはほとんど何も知られていない。死後、新たにローマに人質に出されていたヴォノネス1世が呼び戻されてパルティア王となった。

先代:
フラーテス5世
パルティア王国の君主
4年 - 6年
次代:
ヴォノネス1世