ミンガス・ビッグ・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミンガス・ビッグ・バンド(Mingus Big Band)は、チャールズ・ミンガスの作品を専門に演奏する、ニューヨークを拠点とするジャズ・アンサンブル。マネジメントをしているのは、ミンガスの未亡人スー・ミンガス(Sue Mingus)で、アデオ・ミュージック・インターナショナル(Addeo Music International, AMI)が窓口となっている。2008年から毎週月曜日に、ニューヨークのジャズ・クラブ「ジャズ・スタンダード」に出演しているほか、ヨーロッパはじめ世界各地を頻繁に演奏旅行で回っている。

結成はミンガスが他界した1979年から、しばらく間が空いた後のことであった。1991年から、ニューヨークのフェズというジャズ・クラブで毎週の演奏を始め、次いで2004年から2008年までは、イリジウム・ジャズ・クラブに毎週出演していた[1]

バンドの構成[編集]

基本的な構成は、トランペット3、トロンボーン3、サキソフォン5に、ピアノ、ベース、ドラムのリズムセクションが加わる、14人編成である。各セクションには数名から十数名のミュージシャンがメンバーとして加わっており、ローテーションで交代しながらステージを務めている[1]トランペットランディ・ブレッカーや、アルト・サックスクリス・ポッターをはじめ、メンバーの多くはリーダー・アルバムのリリース経験がある実力者である。

ディスコグラフィ[編集]

ミンガス・ビッグ・バンドは、デビュー・アルバムである1993年の『Nostalgia in Times Square』以降、コンスタントにアルバムを発表し続けているが、そのいずれも批評家から高い評価を受けており、これまでに6回グラミー賞にノミネートされている。

Nostalgia in Times Square (1993)

Gunslinging Birds (1995)

Live in Time (1997)

Que Viva Mingus! (1998)

Blues and Politics (1999)

The Essential Mingus Big Band (2001)

Tonight at Noon (2002) - エルヴィス・コステロが歌詞提供と歌で参加した曲「Invisible lady」を含む。

I Am Three (2005)

Live in Tokyo at the Blue Note (2006) - 2005年大晦日ブルーノート東京で行われたライブを収録。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]