ミルコ・ボボツォフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミルコ・ゲオルギエフ, 1965

ミルコ・ゲオルギエフ・ボボツォフブルガリア語: Милко Георгиев Бобоцов, ラテン文字表記:Milko Georgiev Bobotsov, 1931年10月30日 - 2000年4月3日)は、ブルガリアチェス選手。

プロヴディフの生まれ。1958年のブルガリア国民選手権で優勝し、1961年にブルガリア人として初めて国際グランドマスターのタイトルを授かった。1967年にモスクワで開かれたアレクサンドル・アレヒン記念トーナメントでは2位タイ。1957年にヴァルナ、1964年にペーチ、1971年にサラエボで開かれた大会でも優勝したが、1972年に脳梗塞で倒れ引退を余儀なくされた。本業は器械体操のインストラクターであった。

2000年に首都ソフィアにて没[1]。妻は女子チェスグランドマスターのアントニア・イヴァコワ(2004年没)であった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 1.Golombek, Harry (ed.) (1977). Golombek's Encyclopedia of Chess. Crown Publishers. ISBN 0-517-53146-1

外部リンク[編集]