ミュージアム・サヤーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg サヤーム博物館
มิวเซียมสยาม
Museum Siam (I).jpg
施設情報
正式名称 サヤーム博物館
愛称 ミュージアム・サヤーム
専門分野 タイ人​の歴史博物館
管理運営 国立ディスカバリー博物館研究所
開館 2007年4月2日
所在地 タイ王国バンコク都プラナコーン区
外部リンク https://m.museumsiam.org/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

座標: 北緯13度44分39秒 東経100度29分39秒 / 北緯13.74414度 東経100.4942度 / 13.74414; 100.4942

サヤーム博物館外観

サヤーム博物館(タイ語:มิวเซียมสยาม พิพิธภัณฑ์การเรียนรู้แห่งชาติ、英語:Museum Siam, Discovery Museum)は、タイ王国バンコクの国立歴史博物館。体験型コンセプトを掲げたタイ国民史の展示を行っている。正式名は「サヤーム博物館 - 国立発見博物館」である。

概要[編集]

サヤーム博物館は、2008年4月2日、旧商務省跡地に開館した。来館者の学習と体験を重視した新しい博物館である。タイの歴史の展示を通して、タイ王国の国家の成り立ちについて遊びながら、学び知ることができる。博物館では「私たちとはなんなのか?」、「タイであることというのはどういうことなのか?」という国家国民民族の問題をメインテーマに掲げている。

博物館の運営は、タイ内閣首相府の知識管理開発事務所管轄の国立発見博物館機構(สถาบันพิพิธภัณฑ์การเรียนรู้แห่งชาติ:สพร.)が行っている。国立発見博物館機構は博物館建設のために、2004年に創設された。本博物館は 「 遊び + 学び = 楽しみ」という基本理念をもとに、各地の国立博物館、その他の博物館からの協力を受けながら完成した。

設備[編集]

博物館は旧商務省の建物を再利用しており、総床面積は3,000平米、3階建て。17室の展示室、300平米の視聴覚室がある。

  • 開館時間:火-日 10:00 - 1800
  • 定休日:月曜・祝日
  • 入館料(2009年4月より)
    • 300バーツ:成人(外国籍)、100バーツ:タイ成人、50バーツ:タイ学生 15歳以上
    • 無料:15歳以下(身長150cm未満:すべての国籍)、僧、身体障がい者、60歳以上の高齢者(タイ)
    • 団体割引(5名以上):タイ学生 25バーツ、タイ成人 50バーツ、外国籍成人 150バーツ
  • 1600-18:00 入場無料
  • 年に数回入場無料になることがあり、ホームページ上で告知される。
  • 20人以上の来館の際には、来館予約が必要。

所在地[編集]

外部リンク[編集]