ミッドランド・メトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
St Pauls駅に停車中の電車

ミッドランド・メトロMidland Metro)は、イギリスイングランド中西部の都市バーミンガムウルヴァーハンプトンの間を走るライトレールである。

1999年に運行を開始し、バーミンガムの主要駅のあるニューストリート駅(Grand Central New Street)と、ウルヴァーハンプトンの市街地にあるセント・ジョージ(St. George's)とを結んでいる。長らくはバーミンガム側の終端はスノーヒル駅(Snow Hill)であったが、2016年にニューストリート駅へと延伸された。

車両は全車低床式で、全停留場でバリアフリー対応している。全区間複線で、両端のバーミンガムおよびウルヴァーハンプトン市内に一部併用区間が存在するが、それ以外のほとんどは専用軌道を走っている。

平日の日中は8分間隔で運行されていて、両区間の所要時間は約40分。駅構内に券売機はなく、スイフトカードを利用するか、車内にいる車掌から切符を購入する。切符は、現金、クレジットカードデビットカードApple PayおよびAndroid Payで購入できる。

路線データ[編集]

  • 路線距離:21km
  • 駅数:26駅
  • 軌間:1,435mm(標準軌
  • 電化区間:全線
  • 最高速度:70km/h
  • 輸送実績:約480万人(2016年)

外部リンク[編集]