ミズヒマワリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミズヒマワリ
Gymnocoronis spilanthoides1.jpg
ミズヒマワリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ミズヒマワリ属 Gymnocoronis
: ミズヒマワリ G. spilanthoides
学名
Gymnocoronis spilanthoides DC.
和名
ミズヒマワリ
英名
Senegal tea plant , Giant green hygro

ミズヒマワリ(水向日葵、学名Gymnocoronis spilanthoides)は、キク科ミズヒマワリ属水草の常緑多年草中南米原産で、日本では外来生物法による特定外来生物に指定され、栽培及び移動が規制されている。

分布[編集]

中央アメリカ南アメリカを原産地とする[1]

日本、台湾オーストラリアニュージーランドなどに移入分布する[2]

形態[編集]

高さは50-200cm。葉は対生する。花期は8-10月で白い花(集散花序)を咲かせる。

和名は、葉がヒマワリの葉に似ていることに由来する。

生態[編集]

流れの緩やかな水辺に生育し、マット状に水面を覆って繁茂する。茎の断片から根をだし、生長速度が速く、繁殖能力は強い。

花にはアサギマダラがしばしば飛来し吸蜜する[1]

外来種問題[編集]

第二次大戦後に人為的に日本国内に移入された。1995年に愛知県豊橋市の河川で定着が初確認され、現在では関東地方東海地方近畿地方にまで分布が拡大している[1]。増殖力は極めて強く、短期間に生息域を広げ、在来種を圧迫する[1]。そのため各地で駆除事業が行われているが、茎の切れ端などからも再生するので、徹底的な除去が必要である[1]

オーストラリアやニュージーランドでは、在来水生植物や魚類を脅かす存在として管理されている[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ ミズヒマワリ 国立環境研究所 侵入生物DB
  3. ^ 大道暢之、角野康郎「外来水生植物ミズヒマワリの種子形成とその発芽特性 (PDF) 」 、『保全生態学研究』第10巻第2号、日本生態学会、2005年12月25日、 113-118頁、 NAID 1100047411062015年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]