マーガレット・ケンブル・ゲイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マーガレット・ケンブル・ゲイジMargaret Kemble Gage1734年 - 1824年)はトマス・ゲイジの妻。ニューブランズウィックで生まれ、[1]East Brunswick Township, New Jerseyで育った。[2]

スパイ[編集]

歴史的資料Paul Revere's Rideは彼女がレキシントン・コンコードの戦いにおいて、夫ゲイジの襲撃に関する情報をジョセフ・ウォーレンに提供していたことを示唆している。パトリオットのスパイである文書化された証拠ないが、フィッシャーは、Paul Revere's Rideで"All of this circumstantial evidence suggests that it is highly probable, though far from certain that Dr. Warren's informer was indeed Margaret Kemble Gage - a lady of divided loyalties to both her husband and her native land"と書いている。[3]結果、夫の命令で1975年夏にイングランドに送られた。[4]

家族[編集]

ニューヨーク市長ステファヌス・ヴァン・コートランドの曾孫である。[5]裕福なニュージャージー州の実業家かつ政治家ピーター・ケンブル、ガートルード・ベイヤード夫妻の娘で、1758年12月8日にトーマスと結婚した。11人の子供がおり、1761年に長男ヘンリー・ゲイジが生まれた。[6]娘シャルロット・マーガレット・ゲージはチャールズ・オーグルと結婚した。[7]

兄弟のスティーブン・ケンブルはアメリカ独立戦争でイギリス軍中佐を務めた。[8]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ New York Historical Society, Vol. 17 of The Kemble Papers, (New York: New Historical Society, 1884), xiv, http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Qq4FAAAAMAAJ. 
  2. ^ Allen, Thomas B. "Margaret+Kemble+Gage"+"east+brunswick" Tories: Fighting for the King in America's First Civil War, ハーパーコリンズ, 2010. ISBN 0-06-124180-6, p. 52. Accessed February 13, 2011. "Oliver was a nephew of General Gage's wife, the former Margaret Kemble, from East Brunswick, New Jersey, who adapted to British ways while clinging to her American identity."
  3. ^ David Hackett Fischer, Paul Revere's Ride (New York: Oxford University Press 1994), 96.
  4. ^ David Hackett Fischer, Paul Revere's Ride (New York: Oxford University Press 1994), 290.
  5. ^ New York Historical Society, Vol. 17 of The Kemble Papers, (New York: New Historical Society, 1884), xix, http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Qq4FAAAAMAAJ.
  6. ^ New York Historical Society, Vol. 17 of The Kemble Papers, (New York: New Historical Society, 1884), xvii, http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Qq4FAAAAMAAJ.
  7. ^ New York Historical Society, Vol. 17 of The Kemble Papers, (New York: New Historical Society, 1884), xviii, http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Qq4FAAAAMAAJ.
  8. ^ New York Historical Society, Vol. 17 of The Kemble Papers, (New York: New Historical Society, 1884), xvi, http://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Qq4FAAAAMAAJ.

参考文献[編集]