マンニトールデヒドロゲナーゼ (シトクロム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンニトールデヒドロゲナーゼ (シトクロム)
識別子
EC番号 1.1.2.2
CAS登録番号 37250-78-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

マンニトールデヒドロゲナーゼ (シトクロム)(mannitol dehydrogenase (cytochrome))は、フルクトースおよびマンノース代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

D-マンニトール + フェリシトクロムc \rightleftharpoons D-フルクトース + フェロシトクロムc

反応式の通り、この酵素の基質D-マンニトールフェリシトクロムc、生成物はD-フルクトースフェロシトクロムcである。

組織名はD-mannitol:ferricytochrome-c 2-oxidoreductaseで、別名にpolyol dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • ARCUS AC, EDSON NL (1956). “Polyol dehydrogenases. 2. The polyol dehydrogenases of Acetobacter suboxydans and Candida utilis”. Biochem. J. 64: 385–94. PMID 13373782. 
  • Cho NC, Kim K and Jhon DY (1990). “Purification and characterization of polyol dehydrogenase from Gluconobacter melanogenus”. Han'guk Saenghwa Hakhaochi 23: 172–178.