マルグリット・ド・クレルモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルグリット・ド・クレルモン=ボーヴェーズィー
Marguerite de Clermont-Beauvaisis

出生 1104/05年
死去 1145年以降
配偶者 フランドル伯シャルル1世
  サン=ポル伯ユーグ2世
  ボードゥアン・ダンクル
父親 クレルモン伯ルノー2世
母親 アデライード・ド・ヴェルマンドワ
テンプレートを表示

マルグリット・ド・クレルモン=ボーヴェーズィーフランス語: Marguerite de Clermont-Beauvaisis; 1104/05年1145年以降)は、フランドル伯妃、サン=ポル伯妃。

生涯[編集]

クレルモン伯ルノー2世とアデライード・ド・ヴェルマンドワ(ヴェルマンドワ伯エルベール4世の娘)の娘として生まれる[1]

1118年に最初の結婚をした夫シャルル1世は翌1119年にフランドル伯となるが、子が無いまま1127年に暗殺された[1]。1128年ごろ、サン=ポル伯ユーグ2世と再婚し、2人の息子を産んだ[1]。ユーグ2世が1130年に死去すると、ボードゥアン・ダンクル(Baudouin d'Encre)と再婚し[1]、娘を1人産んだ[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Galbert de Bruges 2013, p. 42.

参考文献[編集]

  • Galbert de Bruges (2013). The Murder, Betrayal, and Slaughter of the Glorious Charles, Count of Flanders. Yale University Press