マルガレータ・エリクスドッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルガレータ・エリクスドッテル・レイヨンフーヴッド
Margareta Eriksdotter Leijonhufvud
スウェーデン王妃
Margareta Leijonhufvud.jpg
出生 1516年1月1日
死去 (1551-08-26) 1551年8月26日(35歳没)
埋葬  
ウプサラ大聖堂
配偶者 スウェーデングスタフ1世
子女 一覧参照
父親 エリク・アブラハムソン・レイヨンフーヴッド
母親 エッバ・エリクスドッテル・ヴァーサ
テンプレートを表示

マルガレータ・エリクスドッテル(Margareta Eriksdotter, 1516年1月1日 - 1551年8月26日)は、スウェーデングスタフ1世の2度目の妃。

生涯[編集]

スウェーデンの有力貴族の一つレイヨンフーヴッド家(Leijonhufvud)の出身で、グスタフ1世が彼女と結婚したいと思った時、既に婚約者スヴァンテのいる身だった。グスタフ1世は婚約を解消させ、マルガレーテの姉マールタとスヴァンテを結婚させた。

マルガレーテは知的で美しい女性だったと伝えられている。グスタフ1世との結婚生活も幸福であったと考えられ、彼女は宮廷で家族のため家事にいそしんでいたという。彼女は生涯カトリック教徒であったが、自身の信仰を政治に持ち込み影響を与えたことはなかった。グスタフ1世が古いカトリック修道院から没収した織物から、彼女のために服やカーテンを作った行為は、彼女にとって辛いことだった。マルガレーテは周期的に繰り返す妊娠・出産で健康を害し、35歳の若さで死んだ。妻の死にグスタフ1世は深い悲嘆に暮れたという。

子女[編集]

  • ヨハン3世(1537年 - 1592年) - フィンランド公。1568年にスウェーデン王となる。
  • カタリーナ(1539年 - 1610年) - オストフリースラント伯エッツァルト2世の妻
  • セシリア(1540年 - 1627年) - バーデン=ローデマヒェルン辺境伯クリストフ2世の妻
  • マグヌス(1542年 - 1595年) - エステルイェートランド公。精神病を患った。
  • カール(1544年、夭折)
  • アンナ・マリア(1545年 - 1610年) - プファルツ=フェルデンツ公ゲオルク・ヨハン1世の妻
  • ステン(1546年 - 1547年)
  • ソフィア(1547年 - 1611年) - ザクセン=ラウエンブルク公マグヌス2世の妻
  • エリサベト(1549年 - 1597年) - メクレンブルク公子クリストフの妻
  • カール9世(1550年 - 1611年) - スウェーデン摂政。1604年に王となる。